カテゴリー別アーカイブ: Pattern Design

シーツのベッド

シーツのベッドっておかしな言葉ですよね。でもシーツのベッドなのです。

お写真をお送りくださったのはPUNAのShimamura様です。生徒様からのオーダーでフラットシーツの上にHibiscusを配置したものをご希望になられたとのことで、お写真を拝見させて頂いた瞬間になーるーほーど!と今回も思いっきりうなったのでございました。
そもそも干したシーツに写った植物の影をトレースしたのがハワイアンキルトのパターンがこのような形になったことに由来すると言われておりましたので、最初のコンセプトに忠実な考え方なにかもしれないとも納得したのでございます。150cm×240cmということなので、セミダブルかと思いましたが、シングルの普通のふらっとシーツです。

こんにちは!!
生徒さんからシーツを使って作りたいとの依頼があり
デザインも私が作っている作品のデザインでとの事で配置してしつけしました。
上下の部分が空いてしまうので上手く繋げて配置できずだったのですが💦
やってみました。

というコメントと一緒にお写真をお送りくださったのでございました。
ベースになっておりますパターンは、「Hibiscus Love2」で、これをベースにしたShimamura様のオリジナルデザインに仕上がったものです。それなのに、わたくしに見せてくださったことはなんとなく申し訳無いように思うのですが、アイデア的にはお送りいただけたことはとても嬉しく思いました。色もきれい。ここで何度も申し上げておりますが、白+赤の作品は、ひとつは絶対に作っておくべきと個人的には考えておりますので、それも素敵だと思います。
シーツなのでつなぎ目もない1枚の布で、縁は仕上げられているのは制作する際にはベース布のほつれが起こることはないので、少し安心です。でも反対にそれがアップリケ終了時にどんな影響があるのかないのか興味津々でもございました。

アレンジをお考えになる際は、「生け花のような感覚で配置しました。」とこのようなデザインに決められる課程も想像できて、素晴らしいと思いました。ベースの布の接ぎ合わせを考えなくて良いシーツを使うというアイデアは、ベッドのキットをどうしようかとお考えの指導者の方にとっては参考になるのではないでしょうか?と考え、掲載させていただきました。
お写真、ありがとうございました。進捗もぜひお知らせください。

オーダーメイドキルト

この間記事を書いてからもう1週間経ってしまったのね。と愕然としている内に、どんどん歳もとって行ってしまうのでしょう。思った通り「CREA」に記事を掲載してもらったことは大きな失敗であったことは、この期間に気づきました。もう二度と載せないぞ~。

本日ご紹介させていただきますのは、Mikana Hawaii StyleのMiyuki Nagao様の作品です。日本人のハワイアンバンドHOENE様のオーダーでわたくしがパターンを作成し、Nagao様が仕上げられました。おそらくHOENE様は、まだ、この完成された姿はご覧になってはいないかもしれませんが、ここ数日中に納品される予定だと思います。パターン自体は200×200cmで作成しこの完成作品は日本の布の生地幅に合わせたもので、通常のベッドカバーサイズは225×225cmというのが普通です。完成されたとのことで、お天気の良い日にご自宅に伺い、お写真を撮らせていただきました。完成された作品は、フラットに美しく仕上がっており、お母様も見にお見えになっておられました。常にこのサイズ以上の作品を継続して制作されておられるので、あれも、これもとお願いして、他のものもお写真を撮らせていただきました。

300×300cmのハワイアンフラッグ。これは、Nagao様以外にパターンをご購入くださった方もおられませんので、唯一の作品です。このフラッグは、ステージディスプレイ用に描いたもので、イオラニ宮殿の門扉で見ることができる紋章をそのままパターンにしたものです。ぶら下げてお写真を撮らせていただこうかと思いましたが無理でした。中心部分だけで170×170cmの大きさがあります。これも今週末にハワイアンコンサートのステージで使用されるために、Nagao様ご本人とともに神戸に今はございます。毎回たたんで発送するので、折りじわが気になるとのことで、ともにたたみ方について一緒に考えさせていただきました。

中心部分のエコーキルトが大変美しく、そっと触れさせていただきました。これは制作期間があまりなかったとのことで、フラッグのキルト幅と中心のキルト幅を少し変えて制作されています。きちんと作っていても、必ず一カ所フラットにキルトが行かない部分が出てくるのが不思議、という貴重なお話も聞かせてくださいました。すごいですよね~3メートルのキルトです。それでもステージで飾ると大きさを感じられないので、もっと大きいのを考える?とお話しましたら、それは大変。とおっしゃっておられました。

最後に見せていただきましたのは、225×275cmの日本ハワイアンキルト製作所サイトでもご紹介させていただいております「Hibiscus」です。このデザインはハワイの作家のものなので、パターン代は一切頂かず、出力費用と送料だけを頂いて、今も制作したい!という方には差し上げております。とっても素敵なデザインなので、多くの方にご提供させていただきましたが、ここまで仕上げてくださったのも、今のところNagao様だけなので、見せていただけてとても嬉しく思いました。わたくしはこのデザインが大好きなのでございます。余白が多いデザインなので、カットしてきちんと上に載せるのがとても大変。Nagao様も最終的にはパターンを測りながら置いて制作されたとのことでした。他にもパターンをご提供させていただきました方の作品も、是非拝見させて頂きたいと思うのでございます。
他にも平行して制作されているこのサイズの作品がございましたが、Nagao様曰く、モチーフが大きいから、完璧にアップリケできるバッドカバーのほうが、小さなものよりずっと楽。とのことでございます。ベッドにチャレンジしようとお考えの方。参考にして頂けると嬉しいと思います。
ちなみに300cmのハワイアンフラッグを2ヶ月半で完成されたという驚きのスキルの持ち主です。

ビーサンとレインボーにはまっちゃって

「かいこのハワイアンキルト」の小池愛子様より、また多くの作品のお写真をFacebook経由でお送りいただきました。ビーチサンダルとレインボーにはまってます。とお送りいただきました作品を一挙ご紹介させていただきます。今日は少お写真の処理に時間がかかってしまいました。
まずは、おっしゃっておられる「ビーチサンダルとレインボー」のショルダーバッグもしくはポーチ?でしょうか?

すごいのは、この完成された作品で3種もあるということでございます。レインボーとおっしゃっておられるのは、ベースに使われている材料のことで、ビーチサンダルには、柄物の生地が使われております。長さを調節できるショルダーベルトをセットして使うことをお考えになっておられるようで、こうして3点並べると、確実に商品であることを感じられます。生地の柄の向きや、鼻緒の色との組み合わせがうまくいっているので、どのバッグも、カラフルで安定感のある魅力を持った楽しくてかわいい作品に仕上がっていて、わたくしならどれがいいだろう?などとお写真を拝見しながら考えてしまいました。

これ以外にティアレの1点も制作されたご様子で、こちらにはショルダーをと取り付けた全貌のお写真もお送りくださっているので、とても参考になりました。ハイビスカス柄のデニムっぽい生地はブルーを基調にした色なので、補色のオレンジをお使いになって、すっきりまとめておられているのはさすがでございます。花の中心にビーズでデコレーションが施されており、ひとつひとつの作品に工夫がされているところ、さすが教室を主宰されておられるだけあるな~と思いました。

続きましては、ビーチサンダル+レインボーのバッグでございます。Honuのパターンは小池様のオリジナルなのに、お写真をお送りくださってしまって、なんだか申し訳無い気がいたします。ベースのレインボーの色味に合わせてモチーフの色や持ち手の色を、しっかり考えておられること、次にご紹介させていただくお写真を一緒に拝見させていただいて感じました。

こういうセンスって、持って生まれたものなのかもしれませんが、レインボーの生地を使って作品を制作することをお考えの方にはとても参考になります。それにしてもすごい!このクオリティのバッグの作品を2点一緒にお送りくだされるなんて!

このバッグの内側は、このお写真のような仕様になっていて、ちゃんとポケットも付いています。また、中袋の生地も違うパイナップル柄のものをお使いになっていて、なんてかわいいの~。とお写真を拝見して思いました。小池様の作品はどれも美しい色と、楽しさいっぱいのものばばかりで、雨の季節も吹き飛ばすエネルギーを感じます。
ですが、作品はこれだけではありませんでした。

ホヌとパイナップルのスタイ(よだれかけ)が3点も。裏のお写真もお送りくださったのですが、最初にご紹介させていただきましたビーチサンダルにお使いになっておられるパイナップル柄をお使いになっておられます。そうか~。ハワイアンキルトでスタイを作ると、こんなふうに立体感が出るから、意外に使いやすいのかも。とも思いました。息子達に子どもが生まれ、わたくしに、孫ができたときには、この作品を参考にさせていただこうと、じっくりとお写真を拝見させていただいたのでございました。
最後の1点は、最初にご紹介させていただきましたショルダーバッグ(ポーチかな?)の形違いでございます。ショルダーベルトを取り付ける仕様になっています。
これだけの数のお写真を拝見させていただくと、小池様が何を考え、どのように作品に向かっておられのかを、近くにいて感じられる気がします。ああっやってこうやって、こうすればこんな作品になるんじゃないかな。よし!やってみよう と。制作過程においても、あきらめることなく、ベストな1点を作りあげようとしておられること、どの作品のお写真からも伝わって参ります。
多くのお写真、ありがとうございました。以後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

6月30日までの期間限定とさせていただきました

もし、サイトを運営していなければ、ハワイアンキルトのバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集は、生まれませんでしたということはこの前に記事で書きました。ですが、1点100円ちょっとでデザインを描けるわけではございませんので、このプライス設定を期間限定とさせていただくことにしました。2018年7月1日以降は、通常のセットパターンとと同じ価格帯の税込み4,700円になります。ご購入をお考えの場合には、この期間内にご利用いただきますことをおすすめします。
このパターン集を使って生まれた作品は、収録しております見本通りに作らなければ、制作者の方のデザインと言えるので、指導者の方がキットを作り、販売される場合には自信を持って「わたしのデザインです」と言っていただけます。モチーフはサイトのものでも、デザインはそれぞれの方のものになるということ、意外に知られていませんことなので、ご購入いただきたくて、書かせていただきました。

このパターン集に収録した中で、ありそうで無かったものの一つとしてこの「オオハシ」があります。自分自身も縫ったところを検証したかったので、見本を作ってみました。黒が使いたかったのですが、今回はネイビーで25×25cmのスクエアにモンステラと組み合わせてレイアウトしました。
オオハシはハワイに住んで居るわけでもないのに、ハワイアンイベントやトロピカルなイメージのモチーフとしてよく登場する鳥です。中南米(アルゼンチン、エクアドル、コロンビアなど)に生息するキツツキ目で、大きなクチバシが特徴です。わたくし自身も、別の仕事で、トロピカルなイメージをとのオーダーにお答えして、オオハシとフラミンゴ、インコを同時に描いた際のひとつをハワイアンキルト用のパターンにしたものです。
少し細かめにキルトラインを入れたのですが、イラストで描くのと違って、立体感が出ます。あっという間にアップリケも終了できますので、是非制作していただきたいと思います。
ハワイアンキルトのバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集をどうぞよろしくお願い申し上げます。ご注文お待ち致しております。

バッグの素を追加しました。

新しいパターンブックを追加しました。
ハワイアンキルトバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集
という商品名にしました。

と、新しい商品を追加すると、ブログを書けなくなります。デザインを描き、商品にし、商品を公開するサイトを更新し、さらに見本を作ったりカットしてみたりのために時間を使ってしまうからです。
このバッグの素は、皆様からお送りいただくバッグのお写真を拝見して、多くのことを教えられた結果生まれた商品です。わたくし個人は、バッグのデザインも「バッグのデザイン」として固定してパターンを描くことが当たり前だと思っておりましたが、最近、あのパターンとこのパターンを組み合わせてバッグを作りました。というお写真を多く頂くようになりました。そしてどの作品も素晴らしいものばかりです。こうした作品の数々が、わたくしにひとつのことを教えてくれました。

バッグのデザインはモチーフだけを用意すれば、もっと自由に作品を作ることができる。

でございます。そしてそれが、今回の「バッグに素」という商品につながったのでございます。さらにモチーフだけなら、もっとプライスを下げてパターンを販売することができる。ということでございました。新たに追加したこの「バッグの素」には30種のモチーフと、16種のレイアウトサンプルを収録して1冊にまとめ、税込み価格3,200円という設定にしました。
それでも手抜きしている訳ではありません。
①新しい表現のモチーフを入れる
②他ではまだないモチーフを入れる
③コピーしやすいサイズにパターンをまとめる
④以後もシリーズを増やして、簡単にキットや作品を製作していただき、指導者にとって教室運営に大きなメリットになるはず。
ということも考慮しました。なので、多くの方にご購入いただけると嬉しいです。

新しい表現のモチーフとして最も悩んだのはレフアの花でございました。自分も含めて、レフアをハワイアンキルトで表現するのはとても難しいため、扇のように描き、サイドビューで描くというのがほとんどでございました。なんとかあの、ピンクッションのようなレフアの花を全体像をとらえ、丸く描いく方法はないものか?と結構悩んだのでございます。(実はいつも悩んでいるのでございます。)わたくしがもう一方で業務としておりますファブリックデザインでは、アップリケという工程がないため、いくらでも細かくリアルに描くことができます。ですが、ハワイアンキルトで、上から見たレフアの花のデザインは、ほぼ見たことがございません。本当に自分もレフアとして販売している扇のような形で描いたものを、レフアだとみなさんがが思ってくれるのでしょうか?とずっとずっと思い続けて参りました。
今回もレフアに関してはいくつか描き、サンプルを縫っていただいたり、自分で縫ったりしてみました。その過程ではウニみたいに見えてしまったり、旭日旗みたいになってしまったり、切り方を変える、穴を空けてみる、全体の形を変更してみるなど、いろいろやった結果がこの新しいレフアになりました。
この上から見たレフアのモチーフを使えば、サンプルのようにより「レフア」らしいバッグやピロー、ウォールやポーチを作ることができます。こんなに悩んだモチーフのプライスが107円で入手していただけるようにしました。
同じくよくトロピカルなイメージとして取り扱われる鳥のモチーフもいくつか収録しました。このオオハシなども、ありそうで無かったモチーフのひとつだと思っておりましたが、このパターン集に収録しました。
実際に見本を製作しようと考えてカットしてみましたのが下の写真です。ここに使ったオオハシはもちろん、モンステラも、バナナリーフも、ココナッツリーフも、ティアレの花も、全て今回のモチーフ集用に新たに描き起こしたものです。鳥をひとつレイアウトに加えるだけで、デザインに奥行きが生まれ、少しストーリーも感じられるデザインになるので、生き物の存在感ってとても面白いと感じます。
パターン集の中に、パターンブックだけでレイアウトできるバッグの見本も16種収録しました。レイアウトに困ったときに、きっかけとしていただけるようにと、収録していますので、あまり気にせず自由にバッグをデザインしていただけると嬉しいです。

こんな感じのバッグもこのハワイアンキルトバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集ひとつで作ることができます。この他に、フラガールやカネボーイ(男のフラダンサー・他ではなかなかありません)も入っています。

文字も用意しました。全部セットになって3,200円(税込み)です。是非是非ご利用ください。ご注文、心よりお待ち致しております。

Geckoは最も選ばれたパターンです

15日の天気予報について、ここ数日で言われていることがとても気になります。なぜならPUNAのShimamura様が、イベント出店されるからです。春の嵐、強風、雨なんて、聞きたくもない予報が語られていて、もうとても心配でございます。

本日は、2017年11月30日に「シャドーキルト」のMelekalikimakaの作品をご紹介させていただきましたK.Y.様の作品です。このお写真は3月22日に頂いておりました。
メインの作品制作の合間を縫って、ミドルポーチなどのパターンをお使いになって制作されたミニクッション達でございます。サイズは20×30cmです。Geckoにはキルティングを施されていませんが、さすがに4つも集まると、楽しい雰囲気が伝わって参ります。
一番手前に置いてくださったGeckoですが、サイトを開設してから一番選ばれているパターンです。理由はわかりませんが、トカゲを描くのって結構面倒だからなのでしょうか?
ハワイでこのGeckoは「ヤモリ」を意味しており、家を守ってくれたり、富の象徴とされているのですが、わたくしがイメージしたのはゴールドダストデーヤモリ(Gold Dust Day Gecko)と言う種類です。ヒルヤモリ属エラブウミヘビ属のヤモリです。15~22cmの体長に成長します。明るい緑または、黄緑色で、まれに青いものも見られます。ハワイでは、オアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島で見られます。超かわいい見た目で、蛍光カラーの布で作っていいくらいです。
とサイトにも説明をさせていただいております。
最初は、販売を終了してしまったバッグ用のパターンとして描き、そのせいかGeckoの本体にはタパ柄風のキルトラインをしっかりと入れてあります。パターンを拡大して使っていただいても、素敵な作品ができあがるように配慮したつもりでございます。
この4つのクッションも、モチーフは日本ハワイアンキルト製作所サイトで取り扱っているものですが、アイテムへのデザインはK.Y様のオリジナル。なのにお写真をお送りくださって、なんだか申し訳無い気持ちがいたします。モチーフの入れ方や、空白部分の取り方など、いっぱいいっぱいにレイアウトしてしまいがちですが、うまく余白を取られていることろが参考になります。片側だけにモチーフを入れてバッグなどを制作すると、エコーキルトだけの部分が場合によってゆがんでしまうこともあるのですが、このミニクッションなら、閉じてしまうので、デザインの自由度がぐっと広がると思ったのでございます。そして、いつも言っておりますように、こういった作品に仕上げてくださることは、全く想像しなかったわたくしでございます。
サイズをお聞きしたメールの返信に
「吉田様のデザインのお陰で楽しさ倍増です。」
と一言添えてくださったことは、わたくしにとって大変大きな励みとなりました。うれしいよね。ありがとう!

HOENEとパンダのバッグ

数年に一度くらいでしょうか?ご自身のハーラウやショップ、あるいはイベントなどで、演奏を披露されるハワイアンバンド様などから、パターンのオーダーをお受けします。こういったデザインはもちろん日本ハワイアンキルト製作所サイトでの販売はいたしておりません。なぜなら、特別にデザインするものですので、ハーラウ名やバンド名などが入ってしまっておりますので、デザインしたパターンを買い取っていただくことになるからです。

このデザインも以前名古屋で、サークルを主宰されておられたNagao様を通じて、オーダーされたハワイアンバンド「HOENE」様用の220×220cmの大型ウォールのデザインでございます。昨年10月頃にデザインをし、アップリケができました~とこのお写真をNagao様がお送りくださったのはもう3月初旬のことでございます。これをご覧になれば、買い取っていただく。という意味がすごく良く分かっていただけるかなあと思うのでございます。
このHOENEというバンドは、ギターとピアノ(ウクレレのときもある。)という構成で、様々なイベントやコンサートに出演されておられるハワイアンバンド、このバンドの構成を感じられるデザインであることと、ご自分達のロゴマークを入れるということが条件でございました。ご自分達がお立ちにステージで使いたいというご希望があり、オリジナルキルトのオーダーをNagao様にご依頼になったのだそうで、その流れでわたくしにデザインが舞い込んで来たのでございます。
デザインしたパターンをご覧いただき、これでよし!となりましたので、その後Nagao様が実物を制作されるという流れで、このお写真をお送りくださったのです。Nagao様は、日本ハワイアンキルト製作所サイトで第一号のベッドスプレッドサイズを完成させてくださった方で、この間、年に2~3枚のペースで大型の作品を制作し続けてくださっておられます。
最初のベッドが出来上がった時、とっても嬉しかったので名古屋で展示されるとお聞きして、わたくしは神奈川から作品を拝見しに伺ってから、彼女の作品を見に行くことを今もを楽しみに致しております。昨年は300×300cmのハワイアンフラッグを、ステージに飾られるということでご本人様と一緒に仙台まで見に行き、牛タンなどを食べて帰って参りました。それはもう素晴らしいできで、会場でキルトを制作されたNagao様を紹介してくださった興行主の方も素晴らしいと思ったのでございます。
Nagao様は、美しく早く作品を仕上げられる尊敬すべきキルターで、この作品もきっともうすぐ出来上がってしまうのではないかと思って今から楽しみに致しております。作品制作や、見本作りなどにもご協力いただいており、いつも感謝させていただいております。

無料ダウンロードパターンとして最初公開しておりました、パンダのシャンシャンバッグも、大型の作品を制作されている中で、ちょこっと作って、完成しました~と、唯一お写真をお送りくださったのがNagao様でございました。そして、ああ、ダウンロードされて、作品を制作してくださった方が居られたのだなと、ほっとしたのと同時にとても嬉しく思ったのでございます。(反響がなかった様子ですので、今はダウンロードを中止いたしております。)
※このお写真は2018年1月5日にお送りくださいました。ご紹介が遅くなり申し訳ございませんでした。

買い取りパターンのデザインは、制作料を別にして25,000円から承っております。また、現在は買取パターン以外のオーダーは、お休みさせていただいております。

ブルーバードとピジョン(愛と平和)

これは結婚式のお祝い用に描いたデザインです。ピローに仕上げてプレゼントされるとのことで、最初はペアで描きました。この作品「pigeon」を制作してくださったのは、M.T様で、作品の完成度と美しいお写真を拝見して心が動きました。中心部分にはお名前と、おそらくご結婚された日が刺繍で入れられています。デザインしたときには、「pigeon」が女性、「Blue bird」が男性用と考えておりましたが、淡いイエローを選んでおられたことで、ご結婚の神聖さが伝わって参ります。新居でデコレーションされていたら、訪れたお客様たちにもそのことが伝わるすがすがしさがあると思います。針目がくっきりと出る縫い方を身につけておられるので、キルトラインの様子もしっかり伝わり、その部分でも参考になる作品だと思います。
けっこう前にデザインしたパターンでも、お客様がお選びくださって、こうして作品に仕上げてくださいますと、ご覧になった方々が「こんなのあったのね?」と気づいてくださいますし、このように出来上がります。というイメージも伝わりやすいので、とてもありがたくも思うのでございます。わたくしも一緒にお祝いさせていただきたい気持ちになります。

M.T様が一緒にお送りくださいました作品が「Dog(干支)」です。あはははは。そうなんです。お写真はもうずいぶん前にわたくしの元にございました。が、更新を怠るていたらくによって、こんな時期にご紹介させていただくことになって、誠に申し訳ございません。
朱印を入れて、和風に仕上げてくださっている中でも、とっても品よく成功されていると思いましたが、それはベースに使われている生地だったり、パイピング選ばれている材料の色と雰囲気があまりに上手でございますし、ハワイアンキルト制作を長く続けてこられている玄人感がびしびし伝わって参りました。加えて、お写真の撮り方も完璧で、ご自分の作品の仕上がりを心を込めてお伝えくださろうとした結果なのだと、こちらも感謝させていただきたい気持ちでいっぱいです。
ご紹介が、遅くなったこと申し訳ございませんでした。

ハワイアンキルトのがま口(ガマグチ)バッグは特別!

昨日ご紹介させていただきましたY.A様とは反対に、ブログを更新しましたら、待ってましたと多くのお写真をお送りくださるというありがたい方もおられます。わたくしの気持ちとしましては、自身のものでありながら、記事を長く更新していない後ろめたさは、不登校の生徒のような気分もございまして、教室で「待ってたよ!」と優しく受け入れてくれる友達がいるだろうか…。に似た気持ちが根元にございます。そんな中、これだけ多くのお写真を使ってください!というお申し出をくださる方が居られるということは、待っていてくれる友達がいた!というような気持ちにそっくりな安心感にも包まれるのでございます。
その方は、「かいこのハワイアンキルト」の小池愛子様でございます。
最初にお送りくださったのは、これ。素敵ですよね~また。
ハワイアンキルトのがま口です😆🎵🎵いかがですか?」というメッセージとともに超かわいいバッグのお写真が。
いかがですかなんて。良いにきまってるじゃないですか~。

それにしてもきれいに出来あがっていて、今までにないタイプのバッグでございます。色が美しいですし、口がねのお豆みたいなところがポイントになっていてバッグ全体にかわいらしさをプラスしています。なんとこれ、20×20cm新ミニタペストリー用パターン2の中の「OP155 Old Hibiscus」を使っておられます。へえ~20cmのパターンでね~。これを考えてくださるなんて全くもって想像できません。わたくしには。
仕立てについて伺ってみますと、仕立てはがま口作家の方に、製作をお願いされたのだそうでございます。なるほど~。がま口はやっぱり作るのに特別な技が必要なのだということ、初めて知りました。たしかに口金の中にどうやって布を組み込むのか?どんな風に結合するのか?金属と布の当たる部分の処理はどうするのか?などわたくしにはわからないことだらけです。ご自分の作品が大切であれば、なおさら、確実にきれいに仕上げたいという気持ち、よく理解できます。この小池様のご判断で、わたくし(達)は、このような作品を拝見させていただけるに至ったのですから、これは感謝、感謝でございます。

この他にも、素敵なバッグのお写真が2点。
まずは、クジラのバッグです。バニティケース用Whaleのパターンをアレンジされておられます。トップ部分のクジラと、側面用にデザインした波をうまく組み合わせて、クジラを白く描き出してくださっている所にセンスを感じます。色づかいの新鮮さで、全く違うイメージになることを教えてくださる1点だと思います。縦横比のプロポーションもおしゃれ。

もう1点は、ティアレとタロリーフを組み合わせてクールにデザインされたものです。こちらもは、ビッグポーチシリーズのタロリーフと、20×20cm新ミニタペストリー用パターン2の「OP-165 Real Tiare」とを組み合わせてバッグにされたもの(だと思います。)
こうして拝見させていただきますと、小物用のパターンとしてサイトで用意させていただいておりますデザインも、多くの可能性をはらんでいるのだいうことを教わったような気持ちでございますので、このシリーズの充実をはかろうかと改めて思いました。

もちろんこうして普通にミニタペストリーとして制作されておられる様子のお写真もお送りくださいましたが、Ipu & Plumeriaのプルメリアは、写真のように立体感のある処理をすることで、また違った雰囲気を楽しんでくださっているところも素晴らしい!

最初にも申し上げましたが、更新を怠っておりましたブログを書き始めましたら、「かいこのハワイアンキルト」の小池愛子様ったら、すぐにこれだけの数のお写真をお送りくださったんです。わたくしは何よりもそれに一番感動いたしました。ありがとう!とっても気分がほっとしたんですよ。
そして、お優しい小池様がお使いになる色は、明るく楽しく、美しいので、どれもとってもハワイアンキルトらしい作品に仕上がっているところも多くの方の参考になるに違いないと思います。以後もわたくしを忘れないでいただけると嬉しいですし、以降もまた、ご協力よろしくお願い申し上げます。

パターンをアレンジして制作されたすごいバッグ達

わたくしがブログの更新を怠り、他の何かに時間を奪われてしまっている間も、ずっと作品のお写真をお送りくださり続けてくださったY.A様。お写真を拝見させて頂くたびに、あまりに素敵なので、ああ、ブログ書かなきゃな~。思わせ続けてくださいました。

まずはお写真をご覧ください。
素敵ですよね~。お使いくださったのは、バッグ&ウォールのセットパターンです。「WWB-01 Flower1」です。色も美しいのですが、とにかくきれいに作られているのと、新たに構成し直してあるデザインが素晴らしいと思いました。LINE CAMERAでイメージを編集してくださっているのですが、これはもう商品でございます。どこかで販売されておられるのでしょうか?
Y.A様はこれまでも、素敵な作品のお写真をお送り続けてくださっておられますが、いつもパターンを自由にアレンジしてくださっていて、楽しんでおられる様子が伝わり嬉しく思います。教室で提供されるキットなら、勝手にアレンジすることは、なかなか難しい状況にあることをお聞きしますし、逆に、きちんとセットされたキットで安心して作品制作したいとお考えになる方も居られることと思います。ですが、Y.A様のこういう作品を作りたいと強い考えを持っていると、あれとこれを組み合わせて、こんな色、こんな構成のバッグを作りたいと思ってくださることで、すごく参考になるすごいバッグをいくつも見せてくだされるのだろうと思うのでございます。

このバッグがまさにそうだと感じたのでございます。モチーフの配置は完全にY.A様のオリジナルデザインです。もちろん「ALOHA」の文字も…。ここで日本ハワイアンキルト製作所のパターンをお使いくださっているとはっきり推察できますのはサイド部分のポケットに「Snail」の一部をお使いくださっているということです。ネイビーのベースに、ベースと同じ色で、シェルをアップリケされ、キルトラインは、メトロシーンのマルチカラーの糸を使ってしっかりラインが目立つよう、配慮されています。最初ラインだけで仕上げられているのかと思いましたが、なるほど~この立体感は、そういう配慮があっての結果なのかと改めて感心いたしました。作品の仕上がりに向けて、工夫を重ねられるというこの姿勢にも頭が下がる思いでございます。そしてこうして作品を見せていただけることで、こんな作品を作りたい!と、ご覧いただける方の創作意欲に繋がることになればと心から思います。

同時にお送りくださったもうひとつのバッグのお写真も掲載させていただきます。これは言うことなしのわかりやすさと楽しさで、方位記号まで入れられているところに思わずうなりました。こういう構図に海を感じられるエコーキルトは最適だなとも思います。

最後は昨夜お送りくださった作品です。「できましたー!!巾着です😊」という短めなメッセージとともに。こちらはバニティケース用のパターン「OP130 Hibiscus」をお使いくださいました。(と思います。)
ディテール写真もご一緒にお送りくださいました。表面は、アップリケで、おそらく薄めの綿でキルティングされたものを、裏面はラインと、マルチカラーの糸で入れられた「ALOHA」の文字が縫い込まれています。
以前より、何度も何度も書いておりますが、サイトのパターンをご覧くださる皆様がどんな作品を思い描いておられうことはわたくし自身全く想像できませんが、そのお応えがこうして素晴らしい作品のお写真となって返してくださることで、初めてその内容を拝見させていただくことができるこの状況にいつでも感謝させていただいております。このようなお写真が、また新しいデザインを描こうと思うきっかけとなります。お気軽にお写真をお寄せください。
Y.A様、ありがとうございました。以後もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。