月別アーカイブ: 2016年3月

バッグのパターン総入れ替え

日本ハワイアンキルト製作所サイトで公開しておりますバッグのパターンを総入れ替えします。なぜなら、こんなにパターンの種類はいらないということがわかったからです。このブログにお送りくださったバッグのお写真を拝見させていただいても、そう思うのでございます。
わたくしがサイトをオープンしてから2年近くになりますが、その間に作品となったモチーフは
①タロ
②ウル
③プルメリア
④レイ&フラワー
⑤Gecko
⑥モンステラ
⑦エンジェルストランペット
⑧ロケラニ
⑨ハイビスカス
⑩クラウン
の10種類と、最近ピンポイントで、カラーというような状況です。
もうひとつ。多くの方は飽きてしまうので、「何か新しいものを。」といえずともお考えの方もおられると思えますので、今まで結構買っていただけたパターンを含めて、総入れ替えすることにいたしました。まあ、わたくし自身も飽きてきたことは確かなので、総入れ替えする時期に来たことをわたくし自身が一番感じているのでございます。

現状のバッグは、4月10日までの取り扱いとさせていただきます。差し替えたパターンは、以後削除してしまうので、ご購入いただけなくなります。

個人的にはバッグのデザインを描いている、自分自身が、ときどき許せなくなるのですが、オーダーが最も多いアイテムであることは間違いありません。バッグを作ることが目的で、ハワイアンキルトを習うという方もおられることも、わたくし自身、よーーーく知っております。でも、ハワイの美術館やホテルに残っている作品のほとんどは、ベッドカバーのサイズのものばかりです。いつも申し上げておりますように、バッグはハワイアンキルトのジャンルには正式にはありません。ピローやウォールのパターンをデザインし、それを元にベッドサイズに展開し、布の持つ素材感ではなく、パターンの素晴らしさ、縫い方の美しさを互いに認め合うそんな活動を昔のキルターは、していたことを、日本のキルターの皆様にもっと知っていただきたいと、心の中では思っているのです。
なので、バッグのデザインに対する考え方を、ここで大きく変えました。純粋なハワイアンキルトのデザインでは、バッグにしても素敵ではないと思ったからです。そして、わたくしの知らないところで、バッグがこんなにも価値のあるものだと、サイトを運営していて強く感じ、心の中で否定しながらも、認めなければいけないのだということも、よくわかりました。

パクっている人たちも、そろそろ何か新しいものを提供せよ!なんて思うでしょ?ふふふ。

なので、すべて入れ替えたいとも考えたのでございます。日本で発達中の、独自アイテムとして、ハワイアンキルトでありながら、多くの方に、認めていただけるようなデザインを、描くことを、わたくしの仕事の中に追加しながら、作業を行っています。

モキハナの色

久しぶりに、ウォールハンギングの作品をご紹介できることがすごくうれしいのです。でもこういった作品を制作されておられる方に限って、なかなか掲載をお許しくださらないというのが、現状です。DSC_0153わたくしが写真をいただいたのは、アップリケが終わ11135WH018った状態からキルティングに突入!というところでのものでございました。このお写真を拝見させていただいて、パープル+グリーンという、モキハナのモチーフに忠実な色で制作されておられるところに、ひどく感動したのでございます。ショップでご紹介させていただいております画像は、左のような色で、掲載しております。本当は、わたくし自身もこの作品と同じにしてパターンをご紹介させていただきたかったのです。なので、わたくしは、作者であるC様に、掲載を許していただきたいとお願いしました。
C様は、個人的に作品を制作されておられるとのことで、カットがプレッシャーだったのだそうですが、大丈夫。とってもきれいにできあがっているので、そんなことはまったく感じません。それにしても、この色を選んだということは、モチーフの色をよくご存じであったということ。ご自分のために、作品を制作されておられる方は、もちかしたら、どのデザインをどんな形で完成させようと考えるのに、多くのお時間を使われるのかもしれないなんて思うのです。
もちろん、自由な色で作品を制作してもいいと思います。ですが、モチーフに忠実な色のほうが、多くの人に理解されると思うのです。先日も書いたのですが、海のモチーフは、ほとんどの方がブルー系で作品を制作されています。それは、鯨やイルカを知っているからだと思うのです。日本を代表する花「桜」も、同じようにモチーフに忠実な色の作品が多い。これも同じ理由。でも、桜を知らない人が、ピンクや白以外の色で、作品を作ったら、みんな「おかしい。」っていうのではないでしょうか?
このC様のような作品なら、ハワイの人がごらんになっても、モキハナだ!ってわかっていただけると、わたくしは嬉しくなってしまったのでございます。
shimomura_mokihana4_800キルティングされている裏は、こんな感じ。お選びになった裏もいい感じ。キルティングが終わった部分のぷくぷく感に、思わずうっとり。きれい~触りたい。shimomura_mokihana3_800

フープにはまっているところ。完成が楽しみでございます。今年も開催予定の、キルトショーにも、ご出展いただくことをお願いした作品です。

3つ目で終わりだそうです。

PUNAのShimamura様より、バッグのお写真がとどきました。このブログをご覧になっておられる方なら、あー知ってる~とおっしゃるかもしれません。ポアカラニの作品展に行ったその場外でビニールシートを敷いて、キルティングのレッスンをされ、このバッグが完成したのだそうです。shimamura_lehuabag
このパターンはレフア。これを制作された方は、フラも習っておられそうで、なるほど、だからレフアなんだと勝手に納得してしまうのでございます。これも今までと同じで、ベースはソリッドの無地で、モチーフは反対の色でペアになっているサークルパレット。これは、制作される方が楽しく作れるようにとShimamura様が願ってセットされたものです。(これ、前も書いたと思うのですが。)
このサークルパレットからイメージできる色が「ピンク」なのかな?持ち手はピンクです。レフアは赤か黄色なので、このグラデーションは、理にかなっているのかもしれません。それにしても、ピロー2枚分のボリュームのあるバッグを仕上げられたこの生徒様も、出来上がって大きな達成感を感じられたのならうれしいなと思います。この達成感こそ、次の作品につながるエネルギーだと信じているからです。
最後に、お送りいただいたこのシリーズの作品を並べてご覧になってください。shimamura_monsterabag_800

0203_shimamura_bagいかがでしょうか?このバッグを持って、仲良くレッスンに通われるのだろうと、いろいろ想像します。

Windows10になりました

Windows10って書くと、変なスパムコメントがいっぱいついてしまうかもしれませんが、わたくしのPCがWindows10になりました。操作上、ん?と思うところもありますが、環境的には、問題が解決です。いきなりシャットダウンしたり、変なファイルを開く指示が出たり、ものすごくいろんなことに時間がかかったりしていたことすべてがなくなりました。Windows10にアップグレードしろというメッセージも見なくてすんだし。よかったよかった。設定には4日かかりましたが。nagao_fishhook2
PCの交換前にお写真をたくさんお送りくださったのはMikana Hawaii StyleのNagao様です。彼女がメールでご説明くださった順番に作品もご紹介させていただくとにいたしました。
このフィッシングフックは、ボーンカービング作家様へのギフトなのだそうです。「Balo’s」というのがその方のお名前なのでそう。元のデザインは35×35cmのサイズのデザインですが、20×20cmに縮小されておられるそうです。額装してあるので、贈られた方はすぐにどこかに飾ることができて、とても親切です。白の額がモチーフの色とマッチしていて、さすがセンスのあるNagao様の作品だなあと思うのです。左上の処理は、首飾りをイメージしたものなのだそうです。刺繍もきれいに制作されていて、Baloさんがうらやましいです。nagao_tissuecase

次は、サークルのお仲間からの希望でサンプル制作されたティッシュボックスケースです。バニティ用にデザインした、Honu & PlumeriaHibiscusのパターンをアレンジして制作されました。あいかわらず、ホヌはブルー系でまとめられていて、ハイビスカスはオレンジというチャレンジカラーで制作されています。Nagao様はご自分で気づかれているのでしょう。青とオレンジという補色関係の色でサンプルを揃えておられます。この2色があれば、サークルのメンバーも、大満足でどちらかをセレクトできるということがわかっておられるのでしょう。すごい!さすがです。バニティのパターンはこのようにいろいろな作品に展開できるのだということを改めて思うのでございます。ちなみに、ホヌばかりが好まれたのだそう。生活に取り入れられる小物が好きなのだと、感じられたそうです。
わたくし個人としては、ティッシュボックスケースというアイテムはデザインしにくいのです。最近はいろいろなサイズのティッシュボックスがあるからです。なのでこうして、いろいろなパターンをアレンジして、わたくしのサイトにないものを、皆様が創造してくださるのはむしろありがたいと思うのです。フラットポーチ_800

これもバニティのパターン「Whale」を使ったポーチです。わたくしの想定した色で構成されていて、すごくうれしいです。中はパラカチェック(=ハワイアンチェック)の青で制作されています。サークルのMikana Hawaii Styleのタグでしょうか?が付けられているので、完成度が高い。このアレンジも、わたくしにはなるほどね~と思うのです。でもさ、教室に所属していたら、こういうパターンのアレンジなんて、絶対に許されないから、様々に生み出される作品の可能性をつぶしているのかもしれないと、お写真を拝見させていただくたびに思うのです。わたくしが、パターン通りの作品しか制作してはいけない、なんていったら、このような、すてきな作品を、ご紹介させていただくことは、できなかったと思うのです。nagao_pouches

最後は、ポーチ(類)です。右上のモンステラ&プルメリアだけは、めがねケースです。これもパターンを組み合わせて制作されたもの。いつでも思うのですが、Nagao様の制作される作品、どこが違うかわからないのですができあがりが、かわいい。このサンプルなら、誰でも作りたいって思います。素晴らしい!

本当にお写真をお送りくださったのです♪

いつも、ご注文くださった皆様に、手書きのお手紙を一緒に送らせていただいております。でも、ここのところ甲状腺の具合がよくなくて手が震えて、字がきれいに書けません。恥ずかしいからもうやめようかななんて思うのですが、こういうお写真をいただくと、汚い字でもいいか!とも思うのです。koyama_baby_800
わたくしが常にお願いいたしておりますのは、完成作品のお写真はもちろん、進捗も見せてくださいね~ということです。初めてご購入くださる方にも、カットしたら見せてくださいね~と能天気に書くのですが、なかなかお答えいただけない寂しい状況が続いておりました。そうよね、簡単に見せていただこうとするわたくしがいけないんだ。って思っておりましたところ、ついにお写真が送られて参りました。
ばんざーい!
お送りくださったのはKoyama様です。わたくしは、この作品を拝見してすぐにわかりました。「あっ ベビーキルトだ」って。優しい色の花柄の生地をベースに、若草色のイルカ。
かわいい、初々しい、さわやか。まったく想像できない組み合わせに思わずうーん。すごい!参った~。
ご本人様のコメントがまた、素敵です。
「海とハワイが大好きな娘のベビーのために、イルカのパターンでベビーキルトを作ります。
150パーセントに拡大させていただきました。」
ご出産予定は7月なのだそうで、楽しみながら完成を目指すとのこと。娘のいないわたくしには決してこういうことないだろうなあ。と思うのでございました。
以後の進捗も、お知らせくださいね~。

Bambooの持ち手

PUNAのShimamura様の生徒様の作品です。Bamboo(竹)の持ち手はShimamura様が調達されたそうです。パターンはモンステラで、「ハワイアンキルトの教科書」の巻末に収録しているピロー10種のパターンのうちのひとつです。このパターンはページに収めるために、80%に縮小してあるのですが、それをそのまま使っておられるそうです。shimamura_monsterabag_800

表裏逆の色に染められたサークルパレットをモチーフに使っておられるのは、生地に表情があるほうが、楽しく仕上げられるはずというShimamura様の思いやりなのだそうです。教室で最初に制作されるのがこのバッグなのだそうで、両面を作って仕立て上げるまでに、このバッグも1年近くお時間がかかるそうです。完成したバッグにバンブーの持ち手を付ける瞬間ってどんなお気持ちでしょうか。Shimamura様は
「生徒さんの作品が
生地の状態から形になると
とても嬉しいですねー
子供が大きくなった気分です。」
とコメントを寄せてくださいました。
そんな先生の多くのお気持ちを察すると、わたくしごとき立場でものをいうことなんておこがましいのですが、この作品のお写真を拝見させていただいたときに、描かれた数以上の葉を感じられる作品だと思ったことです。これは生地の出す効果なのでしょうか。モンステラって強い植物なので、茂っている場所ではびっくりするほど多くの葉を見ることができます。1枚の葉の大きさも日本で見るよりもずっと大きい。モンステラが育っている場所を見ると「うっそうとした」という感じがぴったり。このバッグを拝見したとき、そんな自然なモンステラを思い浮かべてしまいました。
なので、あこがれのBambooの持ち手が見事にマッチしています。素材を変えると、ぐっと完成度が増します。また、調達されたShimamura様のセレクトもよかったのかもしれません。

shimamura_dolfin_new1_350このバッグのお写真が送られてくる数日前にもShimamura様からお写真が届いておりました。この作品もギフトです。お世話になった方が転勤されという、この時期らしい贈り物。20×20cmのミニパターンをお使いになって、フラットなポーチかな?を1日で完成させたのだそうです。色がきれいなのと、モチーフの持つ自然な色で制作されているので、個人的には、すっと受けれられる作品です。
花や葉のパターンは、多くの方がご自分のお好きな色で作品を制作されるのに、なぜか海の生物のパターンは、青や白でモチーフ通りの色を選ばれるのか不思議です。茶色やピンク、緑のドルフィンがあっても面白いのに。

ピローは最重要アイテム

2007年に購入し、9年経った今もメインのマシンとして活躍し続けるたわたくしのパソコンは今はなき、Sony のVAIOです。もちろんハードディスクは4回交換、日本ハワイアンキルト製作所サイトをオープンする二カ月前にWindows7にアップグレードして、今に至ります。そんなこんなで、頑張ってきた愛すべきVAIOが、ついにダメになりつつあります。なので、3月17日以降、パソコンの入れ替えに時間がかかるので、ご注文の発送が遅れる可能性がございます。どうかお許しください。

さて、こんな怪しい環境の中、ピローをご紹介させていただきます。実は、個人的にはピローは、ハワイアンキルトにおける最重要アイテムだと思っています。なぜなら、わたくしはパターンをデザインするからなのです。日本ハワイアンキルト製作所サイトでも、ピローのパターンの数が一番多いのは、その後の展開を考えて、最初にピローのパターンを描くからなのです。ピローのモチーフを基準に、ウォールハンギングやベッドのデザインを生み出すことを目標にしておりますので、わたくしのすべきことは、永遠に続きそうです。asano_calla1_800

最初はオレンジペコことAsano様の「Calla Lily」です。ベースは淡いクリームイエロー、モチーフは明るいピンクなのだそうです。ベースは黄色なのね~。やっぱり作品の本来の姿は、制作された方のコメントなしにはわからないものだといつも思うのです。なんだか春を感じるさわやかな作品で、Asano様も元気な雰囲気になりましたとおっしゃっておられます。最近このカラーのパターンをお選びいただく方が増えております。わたくし個人としては、大学で一番仲の良かったMigeruちゃんが、わたくしの結婚式に贈ってくれた花束の鮮烈な思い出がよみがえって参ります。のびやかな緑の茎の先に、クールな形の白い花。ですが、こうしてまったく想像しなかった色で、美しく制作されたところを拝見すると、頭の中の固定観念が解放されるのを感じるのです。また、キルトラインも気に入ってくださり、心地よく完成されたとのこと、うれしく思います。kitamura_caller_800

同じくCalla Lilyで、2枚ピローを制作されたのは、北村先生の教室のSuzuki様です。牡丹のウォールを制作されたところに、合わせて以前と同じようにお部屋をデコレーションしようと計画され、制作されました。このとき確か、牡丹をピローのサイズでデザインし直してほしいというオーダーがごしましたが、それににお答えすることができませんでした。その後Calla Lilyをお選びになったとのことですが、色違いで制作された2枚、とっても素敵です。この作品は、ウォールの色と合わせるという目的で、選ばれたのですが、これはこれで、いい感じだと、ここでも頭の中の固定観念が解放されました。kawasaki_sakura1_800

kawasaki_sakura2_800続きましてはKawasaki様の「桜」です。これ、ギフトなのだそうです。仲良しのご友人のお子様が中学受験に成功され、合格の知らせをお聞きになってから制作をスタートされたそうです。Kawasaki様にとって初めての贈りものなのだそうで、
「誰かに贈るために針を持つのは初めてのことで、一針一針にお祝いの気持ちを込めて製作出来ました。人に贈るのも、いいものです。」
メールでのやりとりだけのKawasaki様ですが、作品や文章の雰囲気から、優しく美しい生き方をされているように感じます。お送りいただくすべてがいつでもまぶしいんですもの。合格されたのは、絶対にお嬢様だったのだと信じておりますわたくしです。なぜなら、桜の花の中心にビーズが付けられているから。違っていたら申し訳ありません。贈り物にされる作品は、こうしてお写真でしか拝見できないのは残念ですが、とっても美しい作品で、うらやましいです。kawasaki_heliconia2_800

そのKawasaki様が、ご自宅でお使いになっておられる「ヘリコニア」のクッション。30×30cmのものですが、ご自宅のソファで、しっかりとした存在感があるそうです。これ、ポーチのパターンなのですが、こんな素敵なアイテムに仕上がるとは全く思っておりませんでした。ヘリコニアのアップリケ楽しかったそうです。
それにしても色がきれい。表情のある生地と、ソリッド生地との使い方がとってもセンスある~。
以後もまた、お写真をお待ち申し上げております。

パターンのアレンジ=あなたのオリジナル

名古屋のWashio先生から、お写真が届きました。彼女はミシンの指導も教室でされておられるとのことなので、仕立てを拝見させていただいて、いつも感心させていただいております。幸せなことに、わたくしの元にお送りいただくバッグのお写真はすべてかなりのクオリティのものばかり。なのですが、ハワイアンキルトは、素材がしっかりとしいるので、表裏両方仕上げて、縫い合わせて持ち手を付け、「バッグです」という傾向になる場合も多い。それって袋に持ち手付けただけじゃないの?と今まで思うことが多かったのも事実です。なので、こうしてきれいに出来上がったバッグを見ると、すがすがしい気持ちになります。
washio_mon_bag

OBMC003_2Washio様の教室でも、バッグブームが起きておられるそうで、
「ショルダーバッグ。紺色にグリーン。少し和調。モチーフはマルシェバックとプルメリアのポーチをミックスしました。そして土台グレーにライトグレーのモンステラとバランスをとるためにプルメリア。」
このバッグは、マルシェバッグのパターンからモンステラをトリミングされ、プルメリアのパターンとを組み合わせてデザインされたものなのだそうです。パターンが、それぞれの皆さまの中で、どんな風に見られ、どんな作品にしようかとお考えになったのかは、こうして作品という形になって初めて、なるほどね~とわたくし自身も思うのでございます。ちなみにこういった作品を拝見させていただくと、わたくしのデザインではなく、すでにWashio様のデザインと言えるのではないのでしょうか?わたくしの想定内では、描いたパターンがそのまま作品になるであろうということしかないので、こういった作品を拝見させていただくと、なんだか申し訳ない気持ちになるのでございます。
同時に、「日本人の性格か、土台のトーンが暗いと皆さまエコラインが細かくなりがちなので、」という貴重な情報も寄せてくださり、改めてそうなんだ~。と思うのでございました。washio_guava1_800

これは、竿を通して、すでに飾られている様子のお写真でしたが、あえて横位置でご紹介させていただきます。これはグアバ。パターンは、ずいぶん昔に描いたものですが、50×75cmという作りやすいサイズのためか、赤のパターンなのに、お選び頂くことが多いデザインです。
「レタスグリーンと柿色のグアバ。これは先生ライン簡単にして~と泣きが入り残念ながら間引きました。」というコメントがWashio様から寄せられています。そうおっしゃっておられるようですが、バランスよく、きれいに出来上がっていると思いました。なんとなく実と皮の色のを選んで制作されているので、グアバっぽくておいしそう。今からでも遅くないので、実の中心にキルトラインを入れてみてもいいかも。なんて思います。washio_guava2set

このパターンは皆さまに好まれている様子で、あと2点制作前のお写真が送られてきました。
「土台が白茶にコーヒーブラウンです。寝室用に落ち着いたものをということでカットしました。次がレモンイエローに茶色。こちらはリビングに黄色のものをと言うことで風水かな??」というコメントが寄せられています。グアバ3点。色が違うと、雰囲気も違います。もし同じ方が制作されるのなら、セットでお使いになるのかもしれないな~と思って拝見させていただきました。もし違ったのなら、他の方が制作されているのと同じパターンで他の方も制作される。これって、教室の皆さんが仲良しな証拠でもあるのかなあとも思うのです。

バニティのパターンを使用して

お送りいただいたメールのタイトルを、そのまま使わせていただきました。だってとてもわかりやすいなあと思ったからでございます。作品の制作者はH.Suzuki様。本日ご紹介させていただく作品はすべて「ギフト」なのだそうです。うらやましい。うらやましすぎです。今回Suzuki様は、作品について細かくコメントを一緒にお送りくださいましたので、本日はそれも一緒にご紹介させていただきたいと思います。
作品の色は、差し上げる方が長く使ってもらえるようにと、相手の好きな色をお使いになっておられるそうです。どこからどこまでも、うらやましいお話です。suzuki_whalepouch

まずは、Whaleのパターンを使って制作されたポーチです。個人的には、パイピングが好きです。この趣味のよいファブリックが作品のクオリティを高めているように思います。また、パターンの使い分けで、表情のあるポーチなので、わたくしだって頂いたら大切に長く使わせていただきますもの。

クジラのポーチ…パイピングを地色でつけましたが、モチーフが生かされなかったので、あれこれと生地を引っ張り出して作成しました。また、クジラの中は濃い目の糸でのキルティングをしました。

とコメントを頂きました。制作された方のお言葉は、お写真の大きなフォローになっていると思いますし、教えられることも多いと思います。ここでは「クジラの中は…」という部分で、お写真を拝見する上で、わたくしにとって大きな助けになりました。suzuki_lokelanibag

続きましては、Lokelaniのパターンが、素敵なバッグになったところです。

ロケラニ…ピンクを指定されました。ピンクにピンクの生地合わせが難しい。残り布にあったキャシマムのプマ(中央が薄く、サイドが濃い)を使用。薄い部分を地に、濃い部分をモチーフにし、葉は同じプマのグリーンです。1つの生地から濃淡を使い分けて正解だと思いました。

というコメントをいただきました。これは貴重な生地の情報を書いてくださっています。ピンクを合わせるのに苦労されたとのことですが、わたくしはこのバッグ、素敵だなと思いました。ピンクなのに、なんだか色味がいろいろだなあと思いましたのは、選ばれた生地に、こんな意味があったのね。とコメントを寄せてくださったからわかることもございます。これも2種のパターンをうまく使い分けてくださって、マグネットもキラキラ!こってり「ロケラニ」を感じられる素敵な作品です。suzuki_patagonianfish

最後は、Patagonian Fishのパターンを使って制作された、マスク&ティッシュのケースです。わたくしも愛用しておりますクリネックスの保湿ティシュが入れられているのを見て、うれしくなりました。

パタゴニアフィッシュ…周囲にミロの糸でステッチをかけてみたところ、かっちりと仕上がりました。

と、コメントをいただきました。表と裏の色のコントラストが楽しい作品です。このPatagonian Fishは、いろいろな作り方が考えられるパターンですので、Suzuki様は、こうして仕上げてくださったのね~と、楽しく拝見させていただきました。
日本の新学期は、4月。何かを始めようとする準備は3月かしら?と思っているので、こうして「やってみようかな?」と思っていただける作品をお送りいただくと、わたくしもうれしくなります。以後もまた、作品のお写真を、コメントと一緒にお送りください。