日別アーカイブ: 2018年6月6日

ビーサンとレインボーにはまっちゃって

「かいこのハワイアンキルト」の小池愛子様より、また多くの作品のお写真をFacebook経由でお送りいただきました。ビーチサンダルとレインボーにはまってます。とお送りいただきました作品を一挙ご紹介させていただきます。今日は少お写真の処理に時間がかかってしまいました。
まずは、おっしゃっておられる「ビーチサンダルとレインボー」のショルダーバッグもしくはポーチ?でしょうか?

すごいのは、この完成された作品で3種もあるということでございます。レインボーとおっしゃっておられるのは、ベースに使われている材料のことで、ビーチサンダルには、柄物の生地が使われております。長さを調節できるショルダーベルトをセットして使うことをお考えになっておられるようで、こうして3点並べると、確実に商品であることを感じられます。生地の柄の向きや、鼻緒の色との組み合わせがうまくいっているので、どのバッグも、カラフルで安定感のある魅力を持った楽しくてかわいい作品に仕上がっていて、わたくしならどれがいいだろう?などとお写真を拝見しながら考えてしまいました。

これ以外にティアレの1点も制作されたご様子で、こちらにはショルダーをと取り付けた全貌のお写真もお送りくださっているので、とても参考になりました。ハイビスカス柄のデニムっぽい生地はブルーを基調にした色なので、補色のオレンジをお使いになって、すっきりまとめておられているのはさすがでございます。花の中心にビーズでデコレーションが施されており、ひとつひとつの作品に工夫がされているところ、さすが教室を主宰されておられるだけあるな~と思いました。

続きましては、ビーチサンダル+レインボーのバッグでございます。Honuのパターンは小池様のオリジナルなのに、お写真をお送りくださってしまって、なんだか申し訳無い気がいたします。ベースのレインボーの色味に合わせてモチーフの色や持ち手の色を、しっかり考えておられること、次にご紹介させていただくお写真を一緒に拝見させていただいて感じました。

こういうセンスって、持って生まれたものなのかもしれませんが、レインボーの生地を使って作品を制作することをお考えの方にはとても参考になります。それにしてもすごい!このクオリティのバッグの作品を2点一緒にお送りくだされるなんて!

このバッグの内側は、このお写真のような仕様になっていて、ちゃんとポケットも付いています。また、中袋の生地も違うパイナップル柄のものをお使いになっていて、なんてかわいいの~。とお写真を拝見して思いました。小池様の作品はどれも美しい色と、楽しさいっぱいのものばばかりで、雨の季節も吹き飛ばすエネルギーを感じます。
ですが、作品はこれだけではありませんでした。

ホヌとパイナップルのスタイ(よだれかけ)が3点も。裏のお写真もお送りくださったのですが、最初にご紹介させていただきましたビーチサンダルにお使いになっておられるパイナップル柄をお使いになっておられます。そうか~。ハワイアンキルトでスタイを作ると、こんなふうに立体感が出るから、意外に使いやすいのかも。とも思いました。息子達に子どもが生まれ、わたくしに、孫ができたときには、この作品を参考にさせていただこうと、じっくりとお写真を拝見させていただいたのでございました。
最後の1点は、最初にご紹介させていただきましたショルダーバッグ(ポーチかな?)の形違いでございます。ショルダーベルトを取り付ける仕様になっています。
これだけの数のお写真を拝見させていただくと、小池様が何を考え、どのように作品に向かっておられのかを、近くにいて感じられる気がします。ああっやってこうやって、こうすればこんな作品になるんじゃないかな。よし!やってみよう と。制作過程においても、あきらめることなく、ベストな1点を作りあげようとしておられること、どの作品のお写真からも伝わって参ります。
多くのお写真、ありがとうございました。以後もどうぞよろしくお願い申し上げます。