日別アーカイブ: 2018年6月15日

オーダーメイドキルト

この間記事を書いてからもう1週間経ってしまったのね。と愕然としている内に、どんどん歳もとって行ってしまうのでしょう。思った通り「CREA」に記事を掲載してもらったことは大きな失敗であったことは、この期間に気づきました。もう二度と載せないぞ~。

本日ご紹介させていただきますのは、Mikana Hawaii StyleのMiyuki Nagao様の作品です。日本人のハワイアンバンドHOENE様のオーダーでわたくしがパターンを作成し、Nagao様が仕上げられました。おそらくHOENE様は、まだ、この完成された姿はご覧になってはいないかもしれませんが、ここ数日中に納品される予定だと思います。パターン自体は200×200cmで作成しこの完成作品は日本の布の生地幅に合わせたもので、通常のベッドカバーサイズは225×225cmというのが普通です。完成されたとのことで、お天気の良い日にご自宅に伺い、お写真を撮らせていただきました。完成された作品は、フラットに美しく仕上がっており、お母様も見にお見えになっておられました。常にこのサイズ以上の作品を継続して制作されておられるので、あれも、これもとお願いして、他のものもお写真を撮らせていただきました。

300×300cmのハワイアンフラッグ。これは、Nagao様以外にパターンをご購入くださった方もおられませんので、唯一の作品です。このフラッグは、ステージディスプレイ用に描いたもので、イオラニ宮殿の門扉で見ることができる紋章をそのままパターンにしたものです。ぶら下げてお写真を撮らせていただこうかと思いましたが無理でした。中心部分だけで170×170cmの大きさがあります。これも今週末にハワイアンコンサートのステージで使用されるために、Nagao様ご本人とともに神戸に今はございます。毎回たたんで発送するので、折りじわが気になるとのことで、ともにたたみ方について一緒に考えさせていただきました。

中心部分のエコーキルトが大変美しく、そっと触れさせていただきました。これは制作期間があまりなかったとのことで、フラッグのキルト幅と中心のキルト幅を少し変えて制作されています。きちんと作っていても、必ず一カ所フラットにキルトが行かない部分が出てくるのが不思議、という貴重なお話も聞かせてくださいました。すごいですよね~3メートルのキルトです。それでもステージで飾ると大きさを感じられないので、もっと大きいのを考える?とお話しましたら、それは大変。とおっしゃっておられました。

最後に見せていただきましたのは、225×275cmの日本ハワイアンキルト製作所サイトでもご紹介させていただいております「Hibiscus」です。このデザインはハワイの作家のものなので、パターン代は一切頂かず、出力費用と送料だけを頂いて、今も制作したい!という方には差し上げております。とっても素敵なデザインなので、多くの方にご提供させていただきましたが、ここまで仕上げてくださったのも、今のところNagao様だけなので、見せていただけてとても嬉しく思いました。わたくしはこのデザインが大好きなのでございます。余白が多いデザインなので、カットしてきちんと上に載せるのがとても大変。Nagao様も最終的にはパターンを測りながら置いて制作されたとのことでした。他にもパターンをご提供させていただきました方の作品も、是非拝見させて頂きたいと思うのでございます。
他にも平行して制作されているこのサイズの作品がございましたが、Nagao様曰く、モチーフが大きいから、完璧にアップリケできるバッドカバーのほうが、小さなものよりずっと楽。とのことでございます。ベッドにチャレンジしようとお考えの方。参考にして頂けると嬉しいと思います。
ちなみに300cmのハワイアンフラッグを2ヶ月半で完成されたという驚きのスキルの持ち主です。