Angelfishとレフアとフラガール

この作品の進捗を載せると、パターンが売れるというきっかけを最も作ってくださったKawasaki様。ご自分のペースで、じっくりと作品に取り組まれているなあといつも思っております。この作品も、あとはボーダー部分のキルティングで、完成を迎えるという状況です。kawasaki_angelfish2_800

パターンはAngel Fishです。おそらく白い部分にキルティングを入れないで、綿のぷっくり感を残した仕上げにされるのかもしれません。シンサレートを使っておられるのであれば、その気持ちよくわかります。制作途中に、いろいろあって、Kawasaki様自身も「思い出の作品になりそうです。」とおっしゃっておられます。わたくし自身も、他の方に大きな影響を与えてくださった作品のひとつなので、お写真をこうして掲載させていただくのが楽しみな作品です。kawasaki_lehua_800

kawasaki_lehua3_800同じくKawasaki様のレフアのピロー(タペストリーかな)です。これは、ご友人に依頼されて制作したものなのだそうです。中心部分にイニシャル(たぶん)「H」を入れて、すでに周りをちゃんと処理した形で、完成したお写真もお送りくださいました。イニシャルについて
「イニシャルは初めての試みでしたが、これはこれでステキ。
なんて自己満足しております(^ ^)」
とおしゃっておられます。
額装予定の作品なので、裏のキルトラインの美しさを見てもらうためにあえて無地をお使いになったのだそうです。淡い色の組み合わせで、優しい雰囲気のレフアは、そんな部屋にもぴったり合いそうで、受け取られる方も、大満足だと思います。ご自分で制作費用を決めなければいけないと悩んでおられましたが、このクオリティなので、あんまり安い値段にしないでね。と心の中で思うのでございます。kawasaki_hulagirl_800

最後は、同じくKawasaki様のこれから制作予定の作品です。バッグのパターンとしてすでに販売を終了しております「Hula Kahiko」のデザインです。このデザインは、今から5~6年前に、その頃仕事しておりました、フラの興行会社のチケット用に描いたフラダンサーにココナッツツリーをプラスしてハワイアンキルトのパターンにしたものです。イメージは夕焼けに染まるビーチで、古典フラを舞うダンサーをイメージした配色とおしゃっておられますが、なるほどね~その通り!こってりとした表情と色の材料を選ばれているのを拝見して思いました。選ぶ素材によって、ただのパターンが絵画的なものになるのだなあと、完成が楽しみです。お写真をお送りくださり、ありがとうございました。以後もまた、作品を見せてくださること楽しみにいたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です