「モアナと伝説の海」とMissing Polynesia

この前の記事に、反応して、挙手してくださった皆様。ありがとうございます。わたくしごときのお願いにお応えくださる方が居られたこと、とっても嬉しく思っております。以後も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

3月10日に日本でも公開されるディズニー映画「モアナと伝説の海」。これってみんな見るわよね~。とわたくしのお客様であるハワイアンショップのオーナー様が言っておられたのは、昨年の11月のことでございました。彼女がなんでそんなことをおっしゃるのか不思議に思っておりましたら、
「今度お店で代理店契約をしたMissing Polynesiaのメイリーンが、この映画のデザイナーとして抜擢されたのよ~。すごいと思わない~?」
ああ。なるほどね~。すごいじゃないですか~。と申し上げましたが、そのころ日本で「モアナと伝説の海」がいつ公開されるのかは、はっきりしておりませんでしたし、ミッシングポリネシア?って何という感じでしたので、そう伝えられてもよくわからないわたくしでございました。自分、いつもそうなんです。何もわかっていなくて。
と申し上げますのは、わたくしが関わったのは、このMissing Polynesiaの日本向けのカタログをデザインするという仕事をしただけなので、商品の情報以外、今も何もわかって居ないのでございます。よくお聞きすると、主人公モアナの声優を務めるアウリィ・カルバーリョは、ディズニー映画に抜擢される前はMissing Polynesiaのイメージモデルも務めていたのだそうで、そのお話を聞いたときは、カタログにも、そのアウリィ・カルバーリョの写真が使えるのかと、色めき立ったのですが、ディズニーが関わることになったから、さすがにもうダメ!ということでございました。残念。アウリィ・カルバーリョってとっても良い感じだったので。

このMissing Polynesiaがある現地のお店は、なかなか行きにくい場所にあるのだそうで、これが簡単に日本で買えるようになるということは、とても大きなことなのだそうです。なので、日本の代理店となるわたくしのお客様はこの映画の公開で、このブランドを今年から取り扱えることは大きなチャンスだとおっしゃっておられました。
日本のフラ&ハワイアンショップの女性社長は、どなたもみんなお元気でやる気にあふれています。ご自分の扱う商品に深い自信と愛情を注ぎ込む姿は、いつも見習わなければと思うのでございます。
己が関わるものに惚れ込まないと、人の心は動かせない。
なので、わたくしも、そんな彼女たちの成功をいつも心から願っています。これはハワイアンキルトに関わる方たちに対しても同じです。デザインは、他の人の名誉を作る仕事だと思っておりますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です