めでたい☆

かいこのハワイアンキルト」教室を主宰されておられる小池愛子先生からFacebook経由でお写真をお送りいただきました。

「迷っていた1月のキルトは【めでたい☆】になりおました。
1月にふさわしい♫
紅白で仕上げてみました♫」

とメッセージが添えられておりました。あら可愛い。景気が良い感じ!とわたくしもお返事を差し上げたのでございます。
そうか~この時期、教室を運営されておられる方は、大変なんですね。特に年始の教室は、季節のキルト制作を希望される方がたくさんおられて特別なのかもしれません。まず、先生は見本を製作され、キットを用意して、場合によってはカラーバリエーションなども用意する必要があったり、年末は大忙し!という方が大勢おられるのでしょう。

このパターンは「Salmon」として描きましたが、こうして目や色をアレンジすると、ちゃんと鯛になるのでまたまた驚きました。なぜなら、わたくしならこういったアレンジは決してできないだろうと思うからです。自分で描いてしまうと、タイトルに依存してしまって、描いた以外のものには見えなくなってしまうのです。そして、また、こうした使い方もできるのだなあと、改めて教えられたのでございます。だって、わたくしも、お送りくださった作品のお写真が目に入った瞬間に「あ!鯛だ。」すぐにわかりましたもの。だからとても素晴らしい!と思い、なるほどね~と楽しい気分になったのでございます。教室の生徒様たちの作品もぜひ拝見させていただきたいとも思うのでございます。ひとつのパターンから、全く違う雰囲気の作品が出来上がってくるのを拝見させていただければ、それぞれの方の解釈を垣間見ることができるからです。そしてそこから多くのことをまた教えていただけるに違いないと、楽しみになってしまいます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です