Mele Kalikimakaができました!その3

Mele Kalikimakaができました!その3

本日はMela Kalikimaka当日でございます。こういう当日に何かを書くことは珍しいのですが、クリスマスにちなんだ作品のお写真が届きましたので、それをご紹介させていただきます。
わたくしの家では、クリスマスに何かするという時代はすでに過ぎてしまっており、わたくし自身も、昨日は打ち合わせのため、なつかしの「多摩センター駅」周辺に行きました。打ち合わせが終わり帰宅途中、なんでこんなに道が混んでいるのだろう。いつもだったらここはすんなり通れるのにと意味不明な渋滞に巻き込まれました。この不思議な渋滞の原因は、なんとあの「シャトレーゼ」渋滞だったことに通過して気づき、そうか、今日はクリスマスイブだったんだ!と一人車の中で大ウケしました。すっかり変貌した多摩センター駅も驚きでしたが、シャトレーゼ渋滞の方が心に残り、このおかげで、今日がクリスマスであることをしっかり認識しました。

土曜日にこのお写真をお送りくださったのは、Kawasaki様でございます。作品制作に常にご主人もいろいろとご意見をくださるそうで、Kawasaki様のご主人様は、男性キルターのお一人と常に思っております。この作品は、額装されるご予定とのことで、ベースのエコーキルトは省略されております。クリスマスに間に合うように、2日ほどで仕上げられたとのことでございますが、やっぱり赤+緑で制作されると良いな~。いつもの通り、大変美しく仕上げられております。文字なんかわたくしが見本で制作したものとは比べものにならないほど、くっきりしっかり!さすがでございます。きっと昨夜は、この作品も含めたクリスマスらしい空間で、一家で楽しい時間をすござれたことと思います。写真に写り込んだご自身の影で、わたくしはKawasaki様の存在も一緒に撮られているように感じ、いつもありがとうございます。と思うのでございます。

もう1点はPUNAのShimamura様のHonuのポーチ2点です。LINE経由でお送りくださいましたが、無料のパターンなので、ご自身もプレゼントとして制作されたとのことでございます。そんなこと気にする必要など無いのに~。と思いましたが、ダウンロード状況を見ると、これはダメだなと思っておりました「Christmas Honu」がこうして作品になったことの方が嬉しく思うのでございました。色もかわいく、ギンガムチェックのパイピングがされていて、楽しい雰囲気のポーチとして完成されていて、かわいー!素晴らしい~。写真も切れてないし(笑)、完璧~!ありがとう!と大変嬉しく思ったのでございます。
今日を過ぎればいきなり正月モードに突入するわが国ですが、正月休みもなく、ずっとずっと働くわたくしにとっては、ただ月が変わるだけ。という日々をもう30年近くやっていること、家族に申し訳無く思うのでございます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.