令和2番目の作品

令和2番目の作品もやはりこのデザインの作品です。以前Mokihanaのウォールハンギングをご紹介させていただきましたC様の作品です。彼女もこの作品について、細かくコメントを寄せてくださっております。

C様がお送りくださった「令和」のタペストリーです。

「 4月のうちにアップリケが終わり、連休中にキルティングをしたりしなかったりで、ようやく完成しました。キルティングは、落としキルトと梅の中だけです。アップリケをするのに、パターンの文字に少し縫い代をつけてカットしました。そんなに変わらずできたのではないかと思います。生地は、他の物を作ったハギレばかりつかいましたが、今回の元号のいわれをイメージして色選びをしました。 」
とお知らせくださいました。

サイトでご紹介させていただきました色よりも、菅官房長官が掲げたあのフレームにイメージが近くて、こちらのほうが素敵だなと思いました。梅の花の色もすべて変えて、一か所にグリーン系をお使いになり差し色としてよいバランスになっています。針目はMokihanaの作品で素晴らしいということはわたくしも存じ上げておりました。とってもきれいで素敵な作品だと思います。ベースにブルー系、パイピングの色も白系をお選びになったことで、作品全体がすがすがしいイメージで新しい時代を感じさせる作品だと思いました。床でお撮りになったのでしょうか?たしかC様のおうちはログハウス風な印象だったと記憶しておりますので、お写真全体がとっても良い雰囲気になっています。撮るシチュエーションって大事だなとも改めて感じました。

裏はケイフ・ファセットの生地を使用されています

裏にはケイフ・ファセットの生地をお使いになったとのことで、これがまたとってもいい感じです。菊の花のような、梅の花のようなそうではない外国の方がデザインされた生地につきましては、
「裏布も表のイメージに合わせ、ケイフファセットのプリントを使用しました。和柄のようなイメージなので、ピッタリ合いました。」
とコメントされており、まったくもっておっしゃる通りだと思いました。この裏から拝見した針目もとっても美しい!
掲載の許可をお願いしましたが、本日の段階でご連絡いただけておりませんが、素敵な作品でぃしたので、ご紹介させていただきました。「見せちゃダメ」となる場合もございますので、こうして掲載させていただいている機会に多くの方にご覧いただきたい作品です。

※掲載をご確認くださったC様からメールおよびFaceboolでご連絡がございました。載せてオッケーとのことで、一安心いたしました。さらに
「土台がミントグリーン、左上の梅は薄いイエロー。パイピングは、ベージュというかナチュラルな木肌の色といった感じになります。文字は黒ではなく濃紺を使いました」とのご説明までお寄せくださいました。黒を使わないハワイアンキルターならではの内容で、ぜひ参考になさってください。ご連絡ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です