基本のカッティング

NO IMAGE

kousyu_takahashi日本ハワイアンキルト製作所では、パターンの販売と同時に、教科書を編集して、縫う前のプロセスをきちんと習得していただきたいと、カットの講習を承っております。まだまだ個別にお問合せをいただいた方のみに実施しておりますが、そろそろ講習の開催についても、ホームページにて公開しようかな?なんて考え始めています。作品のお写真をお送りくださるお客様も、それとなく皆さん「カットに自信がなくて…。」とおっしゃるのです。また、いろいろな団体が主宰する指導者講習や、インストラクター講座でも、カットから指導がスタートするのではなく、あくまでも縫う事ができるようになることを指導のメインに置いているところが多く、いざ教室を開いても、生徒様に縫っていただく作品の元となるキットは、それぞれの教室や本部から購入するというシステムになっているということを最近知りました。

今回、講習をお受けになったNT様は、基本中の基本であるピローのカット講習を受講されました。縫うスキルのある彼女は、教室を開くことを予定されておられるのですが、縫うだけでは指導者になれないと、基本から学びたいとのご希望だったのです。この写真を見て、教科書をお持ちの方なら、どうしてこうなるのかをご理解いただけることと思います。実際にカットされたNT様は「なるほどねー。書いてある事だけではわからいことがいっぱいで、正直びっくりしました。でも、とても楽しかったです。」とお話くださいました。以後はお得の「縫う」プロセスがスタートするのですが、縫うのと同時にどんどんカットにも挑戦してください。とお願いし、日本ハワイアンキルト製作所推薦のベストセレクションパターン集を即座にご購入くださったエネルギーに感動いたしました。NT様は、カットを特別な経験にしてはならないということに気づかれたのでしょう。どんどんパターンをカットして、どんなデザインであっても美しいキットを作り上げられるようにならなければいけないと痛感されたのでしょう。縫う事と同じように、きちんとしたキットを作り上げられなければいけないということに気づいてくださったのでしょう。柔らかで優しい雰囲気を持つNT様は、しっかりと準備を整え、あらゆるプロセスを理解した上で、教室を開始したいと考えをお話くださいました。すばらし。

考えて見れば、わたくしがお手伝いしていたハワイアンキルト教室も、インストラクターの皆さんは作り方を指導することはできても、キットは主宰の先生が作るものをそのまま受け取って生徒様に販売し、キットの値段の一部を受け取るという方式でございました。本当に昔から、ハワイアンキルトってキットの戦いだな~。とNT様のお話を伺いながらしみじみと思うわたくしでございました。

少なくともわたくしたちは、キットをたくさん売りたいとは思っておりません。ですが、サイトで販売しているキットのクオリティには自信を持っています。既存の商品はほとんどありませんが、びっくりする位縫いやすいキットを、是非一度お試しください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.