日別アーカイブ: 2016年10月6日

Mantaを切る

テレビを見ていると、日本全国が東京になってしまったような違和感を感じます。昨日も今日も豊洲、オリンピックって。ほかのニュースネタってないのでしょうか?わたくしは都民ではないですし、お金持ち都市「東京」のことうらやましく思います。大きなプロジェクトにかかわるなら、自分におこぼれがあるかもしれないって思う感覚は、すごくよく理解はできます。わたくしだって、お客様がカタログ作るって言ってくださるだけで、心が躍りますから。
Print最近のわたくしの作業傾向は、切りながら縫う=タパカパに向かう傾向にあります。それは数日前にご紹介させていただきましたMantaも同じでございます。
パターン上から見ますと、線が描かれておりますので、魅力的な感じがいたしますが、これを布で切ってしまうと、えっ?何にもないじゃん!と一気にがっかりなビジュアルになってしまうのがとても残念です。切って縫い上げてゆかなければただ、Mantaの形だけの状態になるので、少し創作意欲がそがれてしまうかもしれません。反対に縫ってゆけば、どんどん楽しくなるということも反対に言えるのかもしれません。manta_cut1

悲しいかな、こんな感じです。線もちゃんとトレースしてありますが、この段階では一部以外は切っていないので、不安がつのります。しっぽの部分、生地が伸びてしまわないように、トレースした布とベースを四角いまま合わせて、先にしつけして、後から形にカットしました。ベースはネイビー、パターンは、水色(サマースカイ)で、どちらも色無地です。manta_cut2
4965280672865アップにすると、ようやく何をしようと思っているのかわかる感じでしょうか?赤い点線の部分を切りながら縫うので、切り離されることをよく考えてしつけをしました。ここまでやってしまえば安心です。線を全部切ってしまっても、外側から切って縫っても結果はだいたい同じな感じであることは実証済みです。でも、布はほつれてしまうので、個人的には外から切りながら縫うほうがいいかな?と感じました。切るときはもちろん、得意のクラフトチョキを使っております。何でも切れるこのハサミ、うちにあったわよ~なんてことがあるかもしれません。
もういひとつ。トップの生地は、パターンをトレースする必要があるので、あんまり濃い色を使うと、作業が行き詰まってしまうかもしれません。わたくしは、パターンをつないだり、生地のデザインをする際にライトテーブルを使いますので、比較的楽に作業できますが、それでも濃い色の生地の場合は、トレースに苦労します。
パターン以外に、布にも触れて、布にも慣れることって、自分では大切なんではないかと、思うのです。布のよいところや悪いところは、紙とは違いますが、布で作り上げてしまうと、急に保存性の高いものになるのだなあと改めて感じます。ハワイアンキルトでは、紙は布のためにあるんだと改めて思うのでございます。