日別アーカイブ: 2018年4月8日

パターンをアレンジして制作されたすごいバッグ達

わたくしがブログの更新を怠り、他の何かに時間を奪われてしまっている間も、ずっと作品のお写真をお送りくださり続けてくださったY.A様。お写真を拝見させて頂くたびに、あまりに素敵なので、ああ、ブログ書かなきゃな~。思わせ続けてくださいました。

まずはお写真をご覧ください。
素敵ですよね~。お使いくださったのは、バッグ&ウォールのセットパターンです。「WWB-01 Flower1」です。色も美しいのですが、とにかくきれいに作られているのと、新たに構成し直してあるデザインが素晴らしいと思いました。LINE CAMERAでイメージを編集してくださっているのですが、これはもう商品でございます。どこかで販売されておられるのでしょうか?
Y.A様はこれまでも、素敵な作品のお写真をお送り続けてくださっておられますが、いつもパターンを自由にアレンジしてくださっていて、楽しんでおられる様子が伝わり嬉しく思います。教室で提供されるキットなら、勝手にアレンジすることは、なかなか難しい状況にあることをお聞きしますし、逆に、きちんとセットされたキットで安心して作品制作したいとお考えになる方も居られることと思います。ですが、Y.A様のこういう作品を作りたいと強い考えを持っていると、あれとこれを組み合わせて、こんな色、こんな構成のバッグを作りたいと思ってくださることで、すごく参考になるすごいバッグをいくつも見せてくだされるのだろうと思うのでございます。

このバッグがまさにそうだと感じたのでございます。モチーフの配置は完全にY.A様のオリジナルデザインです。もちろん「ALOHA」の文字も…。ここで日本ハワイアンキルト製作所のパターンをお使いくださっているとはっきり推察できますのはサイド部分のポケットに「Snail」の一部をお使いくださっているということです。ネイビーのベースに、ベースと同じ色で、シェルをアップリケされ、キルトラインは、メトロシーンのマルチカラーの糸を使ってしっかりラインが目立つよう、配慮されています。最初ラインだけで仕上げられているのかと思いましたが、なるほど~この立体感は、そういう配慮があっての結果なのかと改めて感心いたしました。作品の仕上がりに向けて、工夫を重ねられるというこの姿勢にも頭が下がる思いでございます。そしてこうして作品を見せていただけることで、こんな作品を作りたい!と、ご覧いただける方の創作意欲に繋がることになればと心から思います。

同時にお送りくださったもうひとつのバッグのお写真も掲載させていただきます。これは言うことなしのわかりやすさと楽しさで、方位記号まで入れられているところに思わずうなりました。こういう構図に海を感じられるエコーキルトは最適だなとも思います。

最後は昨夜お送りくださった作品です。「できましたー!!巾着です😊」という短めなメッセージとともに。こちらはバニティケース用のパターン「OP130 Hibiscus」をお使いくださいました。(と思います。)
ディテール写真もご一緒にお送りくださいました。表面は、アップリケで、おそらく薄めの綿でキルティングされたものを、裏面はラインと、マルチカラーの糸で入れられた「ALOHA」の文字が縫い込まれています。
以前より、何度も何度も書いておりますが、サイトのパターンをご覧くださる皆様がどんな作品を思い描いておられうことはわたくし自身全く想像できませんが、そのお応えがこうして素晴らしい作品のお写真となって返してくださることで、初めてその内容を拝見させていただくことができるこの状況にいつでも感謝させていただいております。このようなお写真が、また新しいデザインを描こうと思うきっかけとなります。お気軽にお写真をお寄せください。
Y.A様、ありがとうございました。以後もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。