月別アーカイブ: 2017年11月

第一号はシャドーキルト

フリーダウンロードのパターンを公開させていただいてから10日あまり。第一号の作品のお写真が届きました。K.Y様からです。

シャドーキルトという選択は、とてもナイス!と思いました。35×35cmですと、きっちりアップリケすると文字が細くなってしまいます。文字と文字の隙間も空いて、少しイメージが違ってしまう。そのことにいち早く気づかれて、K.Y様はシャドーキルトにされたのだそうです。表にかけられたオーガンジーが、ほどよく艶を醸し出していて、とても華やか!第一号にふさわしい完璧な作品にお写真を拝見しておお!素晴らしい!などと大喜びしたわたくしでございます。季節のイベントに使うキルトは、なるべく時間をかけずにさらっと仕上げるたいという場合にも、シャドーキルトはぴったりです。パイピングの色も、クリスマスカラーになっていて、楽しげで参考にさせていただきたい作品です。
同じくK.Y様は、最近こんな作品もお送りくださいました。20×20cmのミニタペストリー用のパターンで制作されたNaupakaです。トリミングして20×20cmに仕上げていただくように考えて描いたのですが、こうしてきっちり仕上げてくださったのを拝見して、すごく驚きました。こういう使い方もできるんだな と。
基本、どんな使い方をしていただいてもかまいませんと申し上げておりますのは、こういった作品を拝見させていただく機会がたくさんあるからです。キットが用意されておりましたら、決してこのような作品は出来上がってこないと思います。パターンをご覧になって、どのように思い、どんな作品にしあげようか?ということを考える自由こそが楽しさにつながってゆくのだと信じたいのでございます。お写真をお送りくださりありがとうございました。

オハイアリイ

バッグやポーチをご紹介させていただくことが圧倒的に多い中、大きなサイズの作品にチャレンジされておられる方のこともお話したいと思います。作品は「Ohai Ali’i 2」です。制作されておられるK.W様はすでにアップリケまで終わられています。このお写真を受け取らせていたきましたのは10月19日のことでしたので、今はキルティングがずいぶん進んでいることと思います。

オハイ・アリイは赤+黄色のロイヤルカラーの花ですが、この作品はグリーン系で制作されています。K.W様は
「布地が安いときに買いだめしてから作り始めるスタイルなために、手持ちの布でこちらのほうが色味に合っていると思ってこちらから始めています。」
とおっしゃっておられます。アップリケ中は仕事場にもちこんでこっそり縫っておられた(すごい!)そうですが、キルティングに入るととても無理(わかります。)なので、以降の速度は落ちてしまうかも…。でも。ご自身ものんびり仕上げたいとお考えのご様子で、れはとても素晴らしいことだと思いました。アップリケまで終わっていれば、ほつれる心配もありません。縫ったり縫わなかったりその時々の気持ちや健康状態に従って無理せず完成目指して縫い続けていただきたいと遠くから応援させていただきたいと思っております。また、長い時間かかって仕上げるベッドカバーのような作品は、ご自身が仕上げられるまでの期間は見なければいけませんから、好きな色で作ることも大切な要素だと思います。
モチーフにつきましてはサイトで「オハイ・アリイの花のベッドカバーです。株の下の方につく楕円形で、規則的に並ぶ葉の要素を加えたデザインです。葉を縫い上げるのが楽しくなるようにデザインしました。単独のモチーフで構成されているベッドカバーは、昔のハワイアンキルトのようで、白ベースで作りあげることをおすすめしたいです。植物が自然の中で風に吹かれているような動きのある様子を描きたいと思ってデザインしたパターンです。」とご紹介させていただいております。K.W様は、こうして白ベースで制作されておられるので、とても嬉しく思いました。完成がとても楽しみでございます。
お写真をお送りいただいたときから、掲載をお許しくださっていたのに、ご紹介が遅くなって申し訳ございませんでした。以後も進捗もお送りくださいますようお願い申し上げます。わたくし自身は、皆様の作品のお写真はすべて大切に保管させていただいております。

Mele Kalikimakaのきっかけはこれ!

寒い雨が降っています。もう冬だなあと嬉しく思います。わたくしは冬生まれなので、この季節になると元気が出てきます。本日はK.A様よりお送りいただきました素敵なポーチをご紹介させていただくことにしました。K.A様の作品は、Geckoのティーコゼなどをご紹介させていただいておりますが、パターンをアレンジされて、いつも新鮮な作品をお作りになっておられるなあと感じます。

「ALOHA」と書かれたこのポーチはミニマルシェバッグの「Heart Lokelani」を元にしておられます。ハートの中に収まるように手描きされた文字がかわいらしくてお写真を拝見して「おお!なるほど!」と思ったのでございます。文字ね~。考えもしませんでした。
ポーチの内側は、最近パウスカートなどでトレンドになっている寒色系グラデーションをお使いになられていてトレンディー!(死語ですかね)。モチーフの色も冒険的な黒と寒色系の表情ある生地で制作されているので、バラなのに全体的にクールな感じでまとまっていてとても新鮮でございます。このお写真は、11月初旬に届いたもので、ご紹介が遅くなり申し訳ございませんでした。ですが、最近、またまたかわいらしいポーチのお写真が同じくK.A様より送られてまいりました。

「クラウン 5」をお使いくださいました。これもまた、色が美しく、工夫にあふれた素敵な作品です。パイピングがまたまたトレンドのグラデーションになっていて、クラウンぽくない色はK.A様の、自由な発想を感じます。

仕立て前の様子もお送りくださり、これで全体の様子がよくわかります。中袋もクラウンの柄をお使いになっていて、そうか、こうやってかわいさを演出するのね?と何も理解していないわたくしは、多くのことを教わりました。(昨日紹介したポーチは中を処理しておりません。ははは。)
K.A様は、文字をお使いになるのが得意です。実は、お送りくださったこの作品のお写真を拝見して「Mele Kalikimaka」を描こうと思い立ったのでございました。今まで文字を入れたパターンは全く用意しておりませんでしたし、以前から文字のパターンを…と言われていたことも思い出したのでございます。果たしてK.A様は「Mele Kalikimaka」ダウンロードしてくださったでしょうか?きっとK.A様なら素敵に作品を仕上げてくださるに違いないと信じております。
23日現在で、最もダウンロードされておりますのは、やっぱり「Mele Kalikimaka」でございまして、Christmas Honuは悲しい状況になっております。やっぱり「へぼーい!」ですわよね。

へぼーい!でも面白いか

Christmas Honuを作ってみました。

へぼーい!でも面白いか。ま、いいか。という感じでございます。サイドビューがさらにすごい!まるでワニだわ…。

それにしてもポーチって仕立てがけっこう大変です。久しぶりにバイアステープなんて作ってしまいました。皆様がきれいにポーチのお写真をお送りくださること、改めてありがたく思いました。

横向きのHonuは珍しいかもしれないので、見本としてお楽しみいただければと思います。それでも作ってみようかな?と思われる方、こちらから自由にダウンロードしていただけます。(出力に関するお問合せは受け付けておりません。)
疲れてしまいましたので、本日はこれまで。

時を刻むGecko

クリスマスと干支のパターンで、楽しんでいただけているでしょうか?本日は、久しぶりに作品をご紹介させていただきます。作品のお写真を掲載させていただくと、いろいろな方が、やる気になった!とご連絡もくださるは嬉しいことです。
また、ここ数日多くの方が無料パターンをダウンロードしてくださっている様子ですので、それらの作品が出来上がってくるのも楽しみでございます。是非とも作品のお写真をお送りください。

本日の素晴らしい作品は、久々にお写真をお送りくださったOgura様のGeckoです。Ogura様は、「最近の皆様の作品を拝見し、気分高揚されつつ私もやっとひとつ作品が完成いたしました」とおっしゃってお写真をお送りくださったのは、もう9月のことでございました。すっかりご紹介が遅くなり申し訳ございませんでした。ご本人様はさらに、「モンステラの葉の順番が違っていることが発覚 ゲッコーが少し葉の陰に隠れているところがいいのに」とコメントも寄せてくださっています。

わたくしはこのことに全く気づくことなく素敵~。時計ね!時計!とお写真を拝見して一人大喜びしておりましたので、時計ならむしろこのほうが良いのではないのとも思うのでございます。大なり小なり、Geckoのパターンは、多くの方にお選びいただけておりますので、これを普通は「人気のパターン」と呼ぶのでしょう。ですが、なかなか作品として出来上がってこないのも事実ですので、どうなっているのか心配になるときもございます。なので、そういった意味でもこの作品のお写真を拝見させていただいたときには、心から嬉しく思ったのでございます。

どこでお使いになっているのかわかりませんが、掛け時計は1日何度も目をやるアイテムでもあると思うので、自然に作品を見るにぴったりな一品なのではないかと思ったのでございます。時間を指す真っ赤な針が作品の差し色になっていて、これもとても上手だなあと思ったのでございます。

クリスマスも…

Honuは多くの方がご購入いただいておりますパターンなので、いっそクリスマスでやってみようと試みたのがこんなやつです。

今年はこれら、クリスマス用のパターンも「無料ダウンロード」していただけるように準備しました。更新を怠っておりますわたくしのブログに、毎日のように多くの方がのぞきに来てくださっておりますこと、わたくしは知っております。また、本年はクリスマスのパターンを新たに描くことができませんでした。そのお詫びの印でもあります。
パターンとしてはポーチ用。でもなんでも良いのです。試しに途中まで作ってみましたが、サイドビューのHonuは、この色にするとワニっぽい?などという反省もございますが、クリスマス用のモチーフなので、緑にしたのが敗因なのかもしれません。でも、まあ、無料なので楽しんでいただければ幸いでございます。左図のようにドカーンとポーチの真ん中にレイアウトするのは、あまりおすすめできません。帽子をとった中の形までちゃんとパターンには描いてありますので、モチーフの配置変更は自由にできます。さらにもうひとつ。35×35cmのミニタペストリー用のパターン。

「Mele Kalikimaka」はハワイ語で「Merry Christmas」の意味です。文字以外は以前描いたモチーフを組み合わせたてクリスマス感を楽しんでいただけるようご用意したパターンです。こちらも「無料ダウンロード」できるよう準備を整えました。35×35cmなので、家庭用のプリンターでは出力が難しいかもしれませんが、作ってみようとお考えの方はこちらからダウンロードできます。(PDFファイルですのでAcrobat Readerは必要です。
花については何にしようかいろいろと考えたのですが、クリスマスカラーを持っているアンスリウムとハイビスカスに加えて、日本で人気のモンステラを組み合わせて、少し媚びたデザインになってしまったかもしれません。ほかのパターンを持っておられる方は、モチーフを変更されて、オリジナルデザインで楽しんでいただいても良いかもしれません。
お詫びの印に、どうぞお楽しみいただけること、心より願っております。また、このパターンを使ってキットを量産されても全く問題はございません。以後もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

戌のプレゼントパターン

またまたご無沙汰してしまいました。今回は、別件仕事の都合でございまして、何かが不愉快であったわけではございません。
まだ11月ですのに、お客様からは「作りやすい いぬ のパターンをよろしく!」というお声を複数いただきました。教室を主宰されておられる先生方は、見本とキットを作る時間が必要だということなので、クリスマスを飛ばして本日「Hallmark Dog」をどなたでもダウンロードしていただけるよう用意いたしました。

見本も制作しましたが、見本の方には「しっぽ」がありません。作り上げてみましたが、何かが足りない感じがして、しっぽを追加することにしたのでございます。
先日文具店で、来年度用ののお年玉袋が売られていて、Hallmark製の袋がとてもかわいく、これを元に毎年サイトから皆様に無料ダウンロードしていただけるプレゼント用のパターンを描くことにしたのでございます。袋にはしっぽはついておりませんでしたので、そのまま見本を作った結果がこの写真です。
わたくし自身は上手に作り上げることが難しいので、目はフェルト、眉毛はステッチで仕上げるというザマでございますが、みなさんならもっと素敵に仕上げてくださるのではないかと信じております。年明けまでのしばらくの間、ダウンロードできるようにしておきます。20×20cmのパターンですので、家庭用のプリンターで出力していただけるはずです。(PDFファイルですのでAcrobat Readerは必要です。)お試しいただけると嬉しいです。
以後もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。