素敵な小物

素敵な小物

毎年、年末近くになると、とにかく早く!という仕事のご依頼が増えて、ブログを放置しがちになります。ブログを更新なきゃパターンは売れないってわかっておりましても、わたくし自身は、定収入があるわけではないので、ギャラのよい仕事を追ってしまいがちになります。そういったとにかく早く!とおっしゃるお客様のご要望にお応えして、一気に睡眠時間を削る日々が続くので、ここのところ落ち着いてないな~とは思うのです。が、貧乏暇なしでございます。いつでも一か八かのライフスタイルなので、優先順位がしょっちゅう入れ替わってしまうのです。

そんなわたくしの状況ですが、作品のお写真はお送り頂いております。ご紹介させていただきたいものはたくさんございますが、本日は、日ごろそれほど多くの小物を制作しませんが…。とおっしゃるお二人の方からの貴重な小物をご紹介させていただきます。kawasaki_plumeriapouch1_800

kawasaki_plummeriapouch4_800まずは、先日ピローをご紹介させていただきましたKawasaki様の「通帳ケース」です。ふんわりさせるためにパターンより大きめにカットされ、落としキルトのみで仕上げられました。二つ制作されたうちのひとつは、ご友人へのプレゼントだそうです。あら、うらやましい。
中はこんな感じです。片面に2冊づつ、合計4冊収納できるそうです。無地部分に、反対色のステッチを入れて仕上げるというアイデアを思いつかれたのは、ご主人様だそうです。
個人的にわたくしは常にKawasaki様のご主人様に大変興味がございます。こういった奥様のご相談にきちんと答えを出す男性って、そう多くはないと思うので、お写真と添えられたメッセージを拝見させていただくたびに、どんな方なんだろう?といろいろと想像してしまうのでございます。kawasaki_pouch3_800
広げるとこんな感じ。すごい~。ぷくぷくだ~。目に入ってくる説得力があって、ものすごい存在感です。わたくし自身はメインの銀行との契約はもう何年も前から通帳なしの契約なので、最近サイトの支払い口座として新しく加えたゆうちょ銀行で通帳を出されて、なんだかひさしぶり!って嬉しくなりました。ですが、いつでもアイテムとしては必須なものなので、この存在感は、想定される使い方にふさわしいものだと感じました。相変わらす超きれいに制作されているところもすごいです。yosinaga_pouch2_800

もう1点は、Lino QuiltのYoshinaga様のポーチです。これはまた、Kawasaki様の作品とは対照的なおとなしい色づかいで、ファスナーの色をポイントにされておられるというクールな作品だと思います。東京都町田市周辺で教室を運営されておられるので、少しコメントも、そのお立場を感じさせるものでございました。

「そちらを使ってこんなポーチをつくってみました。糸巻きなんかをたくさん入れられるような大ぶりなポーチでマチ幅は10cmとりました。
柄も総柄っぽいこととパターンサイズがちょうどよく活かされ、ミニバッグの型紙だとこんな風にアレンジも可能なんですね~お教室でも評判良くてオーダー結構いただいております(^^)」

そうです、これ、ミニマルシェの「Coral」のパターンをお使いになっておられます。そういえば、今年ハワイアン業界ではパイナップル柄が大流行したのだそうで、イベントなどで、いろいろな業者さんにお話をお聞きすると、どうも来年はこの「サンゴ=コーラル」が来そうな感じなのだそうです。このポーチに多くのオーダーが入るというのは、トレンド先取りだからなのかもしれません。わたくし自身もキルト用のパターンの他に、ファブリック用のコーラルのオーダーが来ておりますし。

yoshinaga_pouch1_800Yoshinaga様がコメントでおっしゃっておられるように、わたくしも同じ形のポーチを糸入れに使っております。(ちなみにこんなにきれいな収納状態にはなっておりませんが。)思いっきり口が開いた状態にできるのでとっても便利です。ワイヤー1本加えるだけで、こんなに便利になるんだ~。と、最初見たときはびっくりいたしました。
キルト部分もポーチの仕立ても完璧で、さすが指導社であられるな~と思います。タグも取り付けられているので、売っている製品のようで、どこから見ても素敵な作品だと思いました。小物はいつでも重要なアイテムであると思いますし、本日ご紹介させていただいた2点は、仕上げや色、形など参考になる要素がいっぱいの素敵な作品だと思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.