転んでしまいました

NO IMAGE

プリントマクドナルドのハンバーガーを、次男が食べたいというので、わたくしはドライブスルーを利用し、マックをゲット。車から降りてハンバーガーを手に、集合住宅である、自宅にるんるん歩いておりました。車いす用のスロープをいつもの通り、歩き、スロープの押し返し近くで、ななななんと思いっきり転んでしまったのです。わたくしのくつひもがほどけて、ひっかかっり、あっやばい、と思った時にわたくしは転び、頭をぶつけてはいけないと、手をつき、マクドナルドの袋をぶちまけて、スロープで転んだのです。目の前で袋の中からコーラやコーヒーがじわじわ流れ出して来るのが見えて「あ、終わったな」と。でも「ど、どうしよう、ころんだし、マックやばいし。」
こういう時、大人なら、ちゃんと後片付けのために拾うのでしょうが、わたくしは子どもの頃から、食べ物を落とすとその場から逃げ出す癖があるようで、そのまま自宅に戻り、次男に「転んじゃったよ~。マック落としちゃったよ~。」と泣きつきました。次男は「どこ?」とすぐにわたくしが残しておいてきたマックの袋を拾いに行ってくれました。

わたくしの方は、結構な大けがで、右手のひらからは血、右肘、右膝が激しく痛い。腰も打ったようで、右半身がずきずき。ああやっちまった。それから、本日までの数日間傷の痛みと、打撲の痛いとに苦しんでおりました。
マックはドリンク以外は、被害はなく、無事に食べることができたので、次男に感謝。なんとなく、この日は、買い物に出るときに、次男について来てほしいと思ったのは、何か起こりそうだという予感があったのかもしれません。まさか、それが、わたくしの転倒とは思いませんでしたが…。
そんなこんなで、痛い身体を引きづりながら、月末近くになると忙しくなるので、痛い痛い言ってられません。tiareT

で、今月はわたくしの嫌いなTシャツデザインとカジュアル用ファブリックの作業を行いました。なんで嫌いなのかと言えば、こうして展開しても、なかなかお金にならないからなのです。ここに掲載している生地もTシャツもぜーんぶ没。あれも見たいこれも見たいって、言うけれど、タダならわたくしも見たい見たいって言いたいなって思います。ちなみに上の画像生地のモチーフは「ラウアエ」。これ全部わたくしが手で描いています。もちろんTシャツのティアレも同じモチーフは手描きでございます。これ意外にもいっぱいデザインして、2つしか採用になりませんでした。

こうして、没になったデザインを公開しておくのは、後になって没のデザインが商品になってしまっているという恐ろしいことが起こるのです。パターンと同じで、型を買ってくだされば何百枚のTシャツをお作りになっても結構なのですが、没になったものを商品にしないでくださいねって言いたいです。
それじゃあ、あまりに踏んだり蹴ったりでしょ、わたくし。だから転ぶのかもしれません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.