Honu & HibiscusとLilicoi

北村京子先生が主宰される埼玉の教室でずっとハワイアンキルトを学ばれているFuse様の作品が2点できあがってきました。100×100cmが2枚もです。

husesan_honu_hibiscus_350まずは、Honu & Hibiscusです。海の動物とハイビスカスを組み合わせたデザインで、オーダーいただかなければ絶対に思いつかないデザインですが、結構お作りになりたいと、挙手してくださった方が複数いらっしゃいました。
何回か前にご紹介させていただいたKotoe様に続き、Fuse様もがんばって仕上げてくださいました。同じデザインのものでも、縫う方が違うと作品も違って見えるから楽しいです。この写真は上下がちゃんと撮影されているので、とっても安定感があって、少しほっとします。ホヌの背中に配置したハイビスカスをほんの少しずらして、動きがあるように制作されています。ホヌに使った色をフレームのハイビスカスの葉にとことどころバランスよく配置しているので、全体に良いリズムの配色でまとまって見えるのが素敵です。きっちり正確に入れられたキルトラインのハイビスカスは、ハワイアンキルトらしく。また、ホヌの背中をタパカパスタイルで丁寧に仕上げた力作ですね。すばらしい!

husesan_lilicoi_350これと同時に見せてくださったのがこのLilicoiです。真ん中の部分が白で仕上げられているのは、エイトポイントを目立たせたくなかったからでしょうか?
この作品を通じて、リリコイ(パッションフルーツ)が蔓科の植物であることを覚えていただけたことと思います。このデザインは、描いたわたくし自身も好きなパターンなので、こうして作品が仕上がってくるのは特別にうれしいです。アップリケが難しい花の部分もきれいに縫いあがったことで、ご自分の腕に自信を持たれたことと思います。Fuse様の作品も2点ともベースに白っぽい色を使っておられるので、ハワイアンキルトらしい作品を手に入れられました。皆様の制作過程で、パターンの必要性は、そう大きなものではないかもしれませんが、デザインする立場としては、完成までたどりついていただけるよう、美しくて楽しいパターンを提供させていただけるよう、見えない努力をしております。

ですが、主役は、作品を仕上げてくださる皆様であることに代わりはありません。しがないパターン制作者であるわたくしは、できあがりました~と写真を送っていただくことが最大の支えになることを、心の片隅にメモしておいてくださるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です