New Design」カテゴリーアーカイブ

令和まで約一ヶ月

あっという間に文字を刻印して商品にしたり、お弁当やパンに文字を入れて大量に販売できたり、スピーディーな業種の対応に、感心するばかりでございますが、わたくしたち時間のかかるハワイアンキルターだって何かしたいに決まってます。レーザーなどを使えば、あの管官房長官が手にされていたあの元号を記した枠に書かれた文字をそのまま刻印できるのかもしれませんが、キルトにするのは無理があります。だってアップリケしなければならないのでから。そこで、少し簡単に制作できるパターンを描いてみました。梅をレイアウトしたのですが、みなさんがほしいのはきっと「令和」という文字だと思うので、このパターンの大きな目的は文字だけです。サイズは35×35cm。わたくしができることと言えば、このパターンを皆さんに自由にダウンロードしていただけるようにすること以外考えられません。

この文字を使って、梅ではない何かお好きなモチーフを入れてみたり、サイズを変更して記念になる1点を作ってみてください。実際の改元までまだほぼ一ヶ月あるので、間に合うと思います。

令和35×35cmプレゼントパターン
なんてことはない簡単なデザインですが、文字は使えると思います。
「令和」の文字ネタは、これです
管官房長官の持っていた額を元に文字を描き起こしたのでございます。

午後にになって、補足説明をつけることにしました。というのは、実際に縫ってみると、なんだか平たい感じに見えるので、今一度文字を確認したくなったのでございます。筆書きの文字を整理して、アップリケに必要な幅を少しプラスしてパターンにしました。お作りになるサイズに合わせて、文字の太さの調整が必要になるかもしれませんことを、注意書きとして追記することにいたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本ハワイアンキルト製作所サイト無料ダウンロードパターンのページから、PDFファイルで入手していただけます。作品が完成されましたら是非お写真をお送りください。

やっぱりブラウンなんでしょうか?

久々の商品追加でさっそく例のそっくりさんキットにご反響いただきました。販売できるほどの数を用意はいたしましたが、ブラウンはあと残り1つになってしまいました。そこで、わたくしは、確かにブラウンが一番しっくり来ることは想定いたしておりましたが、1日でこのような結果になるとは思っておりませんでしたので、今日の記事を追加いたしました。

とても丁寧にセットしたキットなので、増産するのには少しお時間がかかりますので、その他の色について少しコメントしようと思いました。

BB-05K ルイヴィトンそっくりバッグキット
パープルは落ち着いた色と大人っぽさを追求

ブラウンの次に素敵だと思ってセットしたのがパープルでございました。これを完成させれば、あれっ?それってあの某有名ブランドに似せて作ったの?とおしゃれな方に言われるかも。と考えたのでございます。わたくし自身、自分で仕上げるのならこの色かな?とも思っておりましたし、自分と同世代の方は皆、わたくしと同じように紫を好むと思っておりました。なので、ブラウンでないならパープルだな。なんて思ったのでございます。

BB-05K ルイヴィトンそっくりバッグキット
以前あったデニムのタイプを想定したカラー

ブルーをセットいたしましたのは、このブランドで一時期デニムのタイプのバッグがあったことが頭にありました。夏に持つとさわやかでかわいらしいなと感じたことを思い出したのでございます。なので、ブルーはこれからの季節にぴったりと考えたのでございました。

BB-05K ルイヴィトンそっくりバッグキット
これは色の美しさからセットしたもの

グリーンは、綺麗な色で組み合わせたら、とってもかわいらしいキットになったと、一番予想外の出来だと思っておりました。ダメかなーと思いながら切ったら、とってもいいじゃん!ってなったのでございます。このキットは、持ち手の色も、中袋の柄もそれなりの雰囲気があって、出来上がりがいい感じになることが想定できました。

BB-05K ルイヴィトンそっくりバッグキット
黄色は、バランスを取るのに必要な色相だと考えてセットしました。

黄色はバッグとして使うには難しい色かもしれません。ですが、パープルと共に、キットのセットとしては必要な色だと考えて作りました。このセットも持ち手の色や中袋の色がとってもいいと思っております。でも、売れ残るならこれだな。ともすこし諦めの気持ちもあります。そうなったら自分で制作して自分で使おうかなとも思っておりますが、縁起の良い色なので、とりあえず商品として公開しております。
以上、ブラウン以外の色について、少し説明させていただきました。
数に限りがございます。気に入っていただけましたらお早めにどうぞ。

久々に商品を追加しました

テレビを横目に見ながら新しい元号は何かしら?と、昨日は自分はいろいろあって最悪の状態でございました。ですが、令和という二文字に日本中が楽しそうにしているのを見て、自身の最悪気分も少し幸せな方向に向いたので、まあいいか、と思いました。

2019年は年明けとともに今まであまりよくは無かったので、先月までのことは考えるのはやめようと思います。そこで気分一新、昨日、珍しくパターンではない商品を追加しました。

以前よりパターンをご提供させていただいておりました某有名ブランドそっくりのバッグキットでございます。

これも自分のミスで違う目的で用意したキットなのですが、思わぬ予定変更に会い、用意したところまで良かったのですがその後ずっとわたくしの手元にとどまることになってしまったものです。販売目的で用意したきちんとしたキットです。皆さんが想像される某ブランド特有の色はもちろん、他の色もいろいろ用意しました。

イエロー系
パープル系

ハワイアンキルトは色が大切!と、改めてこのキットを用意しながら思いました。そして色によって、雰囲気やイメージがこんなにも変わるのだということも。昨日テレビで新元号発表を一緒に見ていたヤクルトレディの方は、グリーンがかわいいと言っておられました。

グリーン系

わたくし個人としましては、やっぱりブラウン系がしっくり来るのですが、改めて色の大切さを感じました。このパターンは以前より、ほしいという方全員に差し上げていたものですので、おのずとキットの価格は他のものと比べてお安くできるのですが、とにかく全てセットにいたしましたので、販売価格は6,000円で。と思っておりましたが、最初から20%OFFの4,800円(税込み)で販売することにいたしました。カット&しつけ済み。その他必要なものは全てセットしました。これは定番の商品ではございませんので、無くなり次第終了となります。色によっては一つしか用意しませんでしたので、お早めにどうぞ。

ブルー系

同時にKukui Nutsも在庫処分としてページに公開しました。これもリボンレイ用にいっぱい購入したのですが、全てを使い切るのは無理と判断し販売させていただくこととなりました。定番のブラックブラウンとちょっとかわいいアイボリーの3種あります。10個で300円です。こちらもよろしくお願い申し上げます。

Aloha で自分を追いつめる

「バッグの素」ハワイアンキルトバッグ用厳選パターン30種・第1集をなんとか売りたいわたくしが、「こういう使い方もあります」と、アイロンプリントのコットンバッグの実験をご紹介させていただきましたが、昨日他の作業が一段落しましたので、こんなことをやってみました。
あはははは。馬鹿ですよね~。でもとっても楽しかったです。実験のときに「Aloha」を選んだ理由として、ひとつにつながってるから。とお伝えしましたが、この言葉好きではありません。というかかなり嫌いなのです。ですので、こうしていろいろやってみようと考えた時に、他のパターンを使おうかと思いましたが、たまには嫌いな言葉で自分を追い詰めるのもいいかもしれないと、全部「Aloha」にしました。

作業としましては、今までカットして残った残布から、モチーフが切り出せそうなものを集めて、まずひたすら裏にアイロンで接着シートを圧着しました。このシートには裏紙がついておりますので、裏に反転させたモチーフの型紙を置き、これもひたすら文字を写します。そのあとまたまたひたすら文字を切り取りました。(裏紙のおかげで、布がほつれることがほとんどありませんのでとても切りやすいし、わたくしでもきれいに切り取れる。)何がアロハだよ。ああ、この言葉のおかげでさんざんなめにあって来たな~。とかなんとかやめればいいのに、それでもひたすら「Aloha」を切って切って切りまくりました。
最後にコットンバッグにアイロンで転写して完成!←この工程が最もたのしい。
作業を16:00頃始めて、いろいろやりながら日付が変わる頃には全部を完成させることができました。最初は遅かった文字を切り取る速度も最後の方にはスピードアップ。最初の数個を完成させた時点では、あまり気分が乗り気ではありませんでしたが、カラーのバッグの作業を終えて並べてみて、おっ、いけるかも!とあることに気づいたのでございました。
通常こういうバッグは、シルクスクリーン印刷で製作されるのが普通ですが、この布圧着アップリケなら、全部違う色と材料にすることができるんだ!ということでございました。さっそく柄物の生地の残りもごそごそ出して参りまして、その裏にまた接着シートをアイロンでつけ、文字を写しカットしてみると、Alohaじゃない柄でもAlohaに見えてくるから不思議です。

ここまで来るともう楽しくて楽しくて!と、結果このざまでございます。
ああ、もっとヌードのバッグを買っとけばよかった。と後悔したのでございました。
以上。

バッグの素にはこういう使い方もあります。

「バッグの素」ハワイアンキルトバッグ用厳選パターン30種・第1集で初めて文字のパターンを用意したのですが、文字のモチーフを見ている内に、こんなのもありなのかな?なんてつまらないことを考えてしまいました。
市販のキャンバストートに、文字だけアップリケまたは、アイロンプリントするのってどうよ。ということでございます。まずはアップリケ。

何回か文字の大きさを調整し、市販のバッグにアップリケしてみました。素材はポリコットン12オンス、W280×H160×D80mmの販促用などに使われるなんでもないバッグです。セレクトしたパターンは「Aloha」の文字。理由は1つに繋がっているので、実験に適していたからです。
キルティングしないので、ちょっとひっぱりめにアップリケを施しましたが、小さなバッグなので、底に近い周辺は結構手間がかかる。しつけも同じ理由で大変。ということに気づきました。もう少し大きなバッグだったら良かったのか?アップリケのスキルが低いのか?それでもまあ、こんな感じになりました。でもこれって、中袋つけないと、アップリケの糸がほつれた時どうするの?うーむ。という感じになりました。
そこで、ハワイアンキルトからかけ離れてしまいますが、アップリケに比べて圧倒的に生産力がアップするアイロンプリントのアップリケも試してみようと思い立ったのでございました。アップリケ用の両面接着シートを用い、これは縫い代を考慮しなくて良いので、思いっきり好きな大きさにできます。問題は洗濯に耐えるかどうかくらいしか思いつかなかったので…

洗ってみました。

わたくしのアイロンのかけ方が悪かったのか、ほんのちょっとはがれてしまっておりますが、もう一度アイロンをかけると大丈夫のようです。これはアップリケのスキルに関係なく、それでもカットの練習にはなりそうです。さらに中袋は必要ではなく、バッグの種類によっては本体のカラーバリエーションが用意されているものもあり、イベント出展する場合なんかでも、たくさん用意することができます。両方が布なので、ビジュアル的にも合格点をいただけるんじゃないかと個人的には思いました。ハワイアンキルトじゃない!なんてお声も聞こえてきそうですが、「バッグの素」ハワイアンキルトバッグ用厳選パターン30種・第1集は、こういう使い方もできます。という意味での実験をしてみたということで、お許しください。

これで、800円~1,000円くらいで販売できます。これならお土産代わりにイベントの場で手にしていただけるんではないかな。ははは。バッグをもう少し大きくすれば、より実用的かもしれないと思いつつ試してみたのでございました。

Hula Girl & Kane Boy

ずいぶん前に、パターンだけじゃどんなものになるのかわからない。とどなたかに言われたことがございました。布にならないと想像がつかないのだと。わたくし自身はパターンを描く際に必ず布のことを考えながら作業するのですが、確かにどんなものになるのかわからないというご意見には納得行く部分もございました。なぜならパターンを描くという作業は、わたくし自身の身勝手からスタートしている行動なので、それを無条件に理解し受け入れて欲しいと願うこと自体が既に身勝手なのだと気づいたからです。そもそもデザインするということは、様々な恐怖をわたくし自身が感じる行為なのです。新しいデザインを見せて相手に同意を得られるかどうかは毎回テストを受けているようなもので、点が悪ければ落第。良ければ合格。さらにその結果は相手次第…。
なので、とりあえず布でカットして見るということは今は当然のことと考えております。ましてや新しいジャンルのモチーフが登場した際には、自身の身勝手さを少しでも理解して頂こうという気持ちが働くのかもしれません。
まずカットしたのは「バッグの素」ハワイアンキルトバッグ用厳選パターン30種・第1集の中に収録しました「Hula Girl」です。このパターン集でサンプルとして掲載しておりますバッグはW40×H30cmのレッスンバッグサイズを想定しておりますので、カットしたのも同じサイズでございます。
そうか…。顔が無いんだな。なんて思いましたが、そこは制作者の自由でございますので、これはこれで良いのだと思います。サンプルでは白ベースでご提案させていただいておりますが、それでは汚れが目立ってしまいます。今回このフラガールに関しましては、サンプル制作をお願いする関係上、スカイブルーベースで切ってみました。これで少しは実物の姿を想像して頂けるでしょうか?
もう一点は、当然「Kane Boy」となるわけでございます。こちらも「顔」がございません。ここで1点気づきましたのは、Lauaeが細かすぎてもう少し大きなサイズでなければ制作出来ないことに気づき、大きさの変更をいたしました。なるほど、これはカットして初めて気づくことでもございます。カットすることには意味があると改めて思うのでございました。ベースの色は、Hula Girlとお揃いにすべきと考え、スカイブルーにした次第でございます。
確かに布にしてみると、これから作るんだ!という気合いを感じさせるビジュアルに変貌いたしますので、より身近に感じられると思います。最終的にどんな形に仕上がるかということは以降のプロセスによって大きく変わるとは思うのでございますが、ここがスタートラインであることは間違いございません。残りのサンプルにつきましても、少しづつ切って、制作して下さる方を探そうと思っております。
「バッグの素」ハワイアンキルトバッグ用厳選パターン30種・第1集は、6月30日までの期間限定プライスで販売中でございます。多くの方にご利用いただけますよう今も、心より願っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

6月30日までの期間限定とさせていただきました

もし、サイトを運営していなければ、ハワイアンキルトのバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集は、生まれませんでしたということはこの前に記事で書きました。ですが、1点100円ちょっとでデザインを描けるわけではございませんので、このプライス設定を期間限定とさせていただくことにしました。2018年7月1日以降は、通常のセットパターンとと同じ価格帯の税込み4,700円になります。ご購入をお考えの場合には、この期間内にご利用いただきますことをおすすめします。
このパターン集を使って生まれた作品は、収録しております見本通りに作らなければ、制作者の方のデザインと言えるので、指導者の方がキットを作り、販売される場合には自信を持って「わたしのデザインです」と言っていただけます。モチーフはサイトのものでも、デザインはそれぞれの方のものになるということ、意外に知られていませんことなので、ご購入いただきたくて、書かせていただきました。

このパターン集に収録した中で、ありそうで無かったものの一つとしてこの「オオハシ」があります。自分自身も縫ったところを検証したかったので、見本を作ってみました。黒が使いたかったのですが、今回はネイビーで25×25cmのスクエアにモンステラと組み合わせてレイアウトしました。
オオハシはハワイに住んで居るわけでもないのに、ハワイアンイベントやトロピカルなイメージのモチーフとしてよく登場する鳥です。中南米(アルゼンチン、エクアドル、コロンビアなど)に生息するキツツキ目で、大きなクチバシが特徴です。わたくし自身も、別の仕事で、トロピカルなイメージをとのオーダーにお答えして、オオハシとフラミンゴ、インコを同時に描いた際のひとつをハワイアンキルト用のパターンにしたものです。
少し細かめにキルトラインを入れたのですが、イラストで描くのと違って、立体感が出ます。あっという間にアップリケも終了できますので、是非制作していただきたいと思います。
ハワイアンキルトのバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集をどうぞよろしくお願い申し上げます。ご注文お待ち致しております。

バッグの素を追加しました。

新しいパターンブックを追加しました。
ハワイアンキルトバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集
という商品名にしました。

と、新しい商品を追加すると、ブログを書けなくなります。デザインを描き、商品にし、商品を公開するサイトを更新し、さらに見本を作ったりカットしてみたりのために時間を使ってしまうからです。
このバッグの素は、皆様からお送りいただくバッグのお写真を拝見して、多くのことを教えられた結果生まれた商品です。わたくし個人は、バッグのデザインも「バッグのデザイン」として固定してパターンを描くことが当たり前だと思っておりましたが、最近、あのパターンとこのパターンを組み合わせてバッグを作りました。というお写真を多く頂くようになりました。そしてどの作品も素晴らしいものばかりです。こうした作品の数々が、わたくしにひとつのことを教えてくれました。

バッグのデザインはモチーフだけを用意すれば、もっと自由に作品を作ることができる。

でございます。そしてそれが、今回の「バッグに素」という商品につながったのでございます。さらにモチーフだけなら、もっとプライスを下げてパターンを販売することができる。ということでございました。新たに追加したこの「バッグの素」には30種のモチーフと、16種のレイアウトサンプルを収録して1冊にまとめ、税込み価格3,200円という設定にしました。
それでも手抜きしている訳ではありません。
①新しい表現のモチーフを入れる
②他ではまだないモチーフを入れる
③コピーしやすいサイズにパターンをまとめる
④以後もシリーズを増やして、簡単にキットや作品を製作していただき、指導者にとって教室運営に大きなメリットになるはず。
ということも考慮しました。なので、多くの方にご購入いただけると嬉しいです。

新しい表現のモチーフとして最も悩んだのはレフアの花でございました。自分も含めて、レフアをハワイアンキルトで表現するのはとても難しいため、扇のように描き、サイドビューで描くというのがほとんどでございました。なんとかあの、ピンクッションのようなレフアの花を全体像をとらえ、丸く描いく方法はないものか?と結構悩んだのでございます。(実はいつも悩んでいるのでございます。)わたくしがもう一方で業務としておりますファブリックデザインでは、アップリケという工程がないため、いくらでも細かくリアルに描くことができます。ですが、ハワイアンキルトで、上から見たレフアの花のデザインは、ほぼ見たことがございません。本当に自分もレフアとして販売している扇のような形で描いたものを、レフアだとみなさんがが思ってくれるのでしょうか?とずっとずっと思い続けて参りました。
今回もレフアに関してはいくつか描き、サンプルを縫っていただいたり、自分で縫ったりしてみました。その過程ではウニみたいに見えてしまったり、旭日旗みたいになってしまったり、切り方を変える、穴を空けてみる、全体の形を変更してみるなど、いろいろやった結果がこの新しいレフアになりました。
この上から見たレフアのモチーフを使えば、サンプルのようにより「レフア」らしいバッグやピロー、ウォールやポーチを作ることができます。こんなに悩んだモチーフのプライスが107円で入手していただけるようにしました。
同じくよくトロピカルなイメージとして取り扱われる鳥のモチーフもいくつか収録しました。このオオハシなども、ありそうで無かったモチーフのひとつだと思っておりましたが、このパターン集に収録しました。
実際に見本を製作しようと考えてカットしてみましたのが下の写真です。ここに使ったオオハシはもちろん、モンステラも、バナナリーフも、ココナッツリーフも、ティアレの花も、全て今回のモチーフ集用に新たに描き起こしたものです。鳥をひとつレイアウトに加えるだけで、デザインに奥行きが生まれ、少しストーリーも感じられるデザインになるので、生き物の存在感ってとても面白いと感じます。
パターン集の中に、パターンブックだけでレイアウトできるバッグの見本も16種収録しました。レイアウトに困ったときに、きっかけとしていただけるようにと、収録していますので、あまり気にせず自由にバッグをデザインしていただけると嬉しいです。

こんな感じのバッグもこのハワイアンキルトバッグをつくるための「バッグの素」厳選パターン集・第1集ひとつで作ることができます。この他に、フラガールやカネボーイ(男のフラダンサー・他ではなかなかありません)も入っています。

文字も用意しました。全部セットになって3,200円(税込み)です。是非是非ご利用ください。ご注文、心よりお待ち致しております。

新作をようやく、ようやく追加しました。

ご無沙汰してしまいました。なぜか4月になると、昔の仕事で、ほんのちょっと関わったホクレア号のことを思い出すのです。2007年にハワイから横浜港に、古代の航海技術“スターナビゲーション”によって5ヶ月かかって到着したホクレア号のことを…。この時たしか、以前手伝っていたハワイアンキルト教室の、どなたかが、ご自分の作品をプレゼントするために横浜まで持って行かれたことも同時に思い出すのでございます。
わたくし自身は、この船の航海や、港でお出迎えするということとは一切関係はなく、2009年に、ハワイのタウン誌編集で、このことを取り上げ、レイアウトしたことが強く印象に残っているのでございます。
記事のなかみは、日本と連携をして船を作った“タイガー・エスペリ”という人を取り上げていて、サーファーで、スピリチュアルで、伝統的カヌービルダーである人ということを紹介するものでございました。詳細は、この記事のなかでもご紹介させていただきました「日本ハワイアンカヌー協会」ホームページをご参照ください。
ホクレア号のことは、ハワイアンキルトに関わる方なら、もうよーーくご存じのことと思います。このパターンは70×70cmのウォールハンギングサイズです。船の構造などをよく観察し、面白く作っていただけることを考えてデザインしました。そして、パターンの中に初めて文字を入れるという冒険をしたのでございます。完成させてお部屋にデコレーションした際に、誰にでもわかっていただけること間違いなしです。だって「ほくれあ」って書いてありますから。
同時に、サイトを少し直してあります。4月・5月・6月の花をセレクトしてみました。制作の際の参考にしていただけますようよろしくお願い申し上げます。

シャンシャン公開記念に3

電気の自由化から、わたくしはずっと東京電力と契約を結び、引き落としやクレジットカード決済にしておりませんがゆえに、しょっちゅう送電停止をくらっておりました。東電とは相性がよくないようで、自宅に帰って真っ暗で静まりかえっている状態に「またやられた!」と玄関先で一人大笑いしたりするというお恥ずかしい状況が今年だけでも2回もありました。仕事の関係上、電気が止められることは大変困ります。ましてや今の季節は寒いので、暖房が使えないのは死活問題でございます。恐ろしことにスマートメーターになってからは、送電停止は何の予告も無く行われ、馬鹿なわたくしは最初停電した!なんて、己になんの問題もないと思って逆ギレするというていたらくでございました。これをなんとかしたいと一念発起し、10月から決して払い滞りのできない「auでんき」に変更しました。そして「auでんきアプリ」に超ハマったのでございます。
毎日の電気代、今日までの請求額、今月の請求予測、何に電気が使われているか、どこがダメなのか、などひとつのアプリで、わたくし自身の電気の使い方の問題を、きっちりあぶり出してくれるのです。今となっては、毎日このアプリをチェックし、いかにその日の電気代を節約するかを、同居しております息子と検討するのが楽しみのひとつとなっております。わたくし自身、初めて「節電」について考えるようになったのでございます。

節電のひとつとして見本を作る。というのも効果的でございます。小さなものでもキルティングをするとそれなりに暖かいからでございます。なので、やっぱりハワイアンキルトは冬に制作するのが向いているのだと改めて思います。一部わたくしの中で節電に貢献する意味も持つシャンシャンは、バッグになったのでございます。仕立てに使うミシンも、使い慣れておりませんので、一カ所縫うごとに激しく気を遣い、寒さを感じずにいられます。これは、前面だけにシャンシャンを取り付けたのですが、それにはある考えがございます。それはまた、別の機会にお話させていただくこととしますが、auでんきのおかげで、いろいろな意味で節約できることがわかり、使う暖房機も変更してしまったのでございます。もちろん、節電も死なない程度に頑張ることが大切なポイントでもあるとも理解しております。
ちなみに今日は長男の誕生日。少しは部屋を暖かくしてやろうかと思います。