カテゴリー別アーカイブ: New Design

シャンシャン公開記念に3

電気の自由化から、わたくしはずっと東京電力と契約を結び、引き落としやクレジットカード決済にしておりませんがゆえに、しょっちゅう送電停止をくらっておりました。東電とは相性がよくないようで、自宅に帰って真っ暗で静まりかえっている状態に「またやられた!」と玄関先で一人大笑いしたりするというお恥ずかしい状況が今年だけでも2回もありました。仕事の関係上、電気が止められることは大変困ります。ましてや今の季節は寒いので、暖房が使えないのは死活問題でございます。恐ろしことにスマートメーターになってからは、送電停止は何の予告も無く行われ、馬鹿なわたくしは最初停電した!なんて、己になんの問題もないと思って逆ギレするというていたらくでございました。これをなんとかしたいと一念発起し、10月から決して払い滞りのできない「auでんき」に変更しました。そして「auでんきアプリ」に超ハマったのでございます。
毎日の電気代、今日までの請求額、今月の請求予測、何に電気が使われているか、どこがダメなのか、などひとつのアプリで、わたくし自身の電気の使い方の問題を、きっちりあぶり出してくれるのです。今となっては、毎日このアプリをチェックし、いかにその日の電気代を節約するかを、同居しております息子と検討するのが楽しみのひとつとなっております。わたくし自身、初めて「節電」について考えるようになったのでございます。

節電のひとつとして見本を作る。というのも効果的でございます。小さなものでもキルティングをするとそれなりに暖かいからでございます。なので、やっぱりハワイアンキルトは冬に制作するのが向いているのだと改めて思います。一部わたくしの中で節電に貢献する意味も持つシャンシャンは、バッグになったのでございます。仕立てに使うミシンも、使い慣れておりませんので、一カ所縫うごとに激しく気を遣い、寒さを感じずにいられます。これは、前面だけにシャンシャンを取り付けたのですが、それにはある考えがございます。それはまた、別の機会にお話させていただくこととしますが、auでんきのおかげで、いろいろな意味で節約できることがわかり、使う暖房機も変更してしまったのでございます。もちろん、節電も死なない程度に頑張ることが大切なポイントでもあるとも理解しております。
ちなみに今日は長男の誕生日。少しは部屋を暖かくしてやろうかと思います。

シャンシャン公開記念に

シャンシャンが一般公開されたというニュース。わたくしは、パンダファンではありませんが、約30年ぶりに上野で生まれたパンダを見て、とてもびっくりしました。へーっ。子どものパンダってピンクなんだ~。かわいい~。見に行きたいが、面倒でもある。
そして、もうひとつ気づきました。パンダって顔がそれぞれ違うんだ~。こんな状態ではパンダファンの方から叱られてしまいそうでございますが、シャンシャンって割と個性的な顔してるんだ~。かわいい~。もっとよく見た~いと、上野パンダライブを見ようと思っても昨日はなかなかサイトにつながらず、よく見ることができませんでした。それでも、テレビを見たり、画像検索したりして、シャンシャンの個性に気づいたのでございます。

そんなシャンシャンがピンクな内に、みんなで作ってみましょうと、パンダのパターンを作成いたしました。写真をじっくり見て、シャンシャンらしく描いたつもりです。サイズは25×25cmの箸休めサイズですし、彼女らしくふわふわに仕上がるようにキルトラインも極力少なくしましたので、大掃除などの合間に簡単に作れると思います。今回も公開記念にFree Downloadとさせていただきました。グレーのところは、なるべく「黒」で作っていただいたほうが、よりシャンシャンらしくなると思います。
本日は以上でございます。

2リットルのペットボトル用ケース!!

いろいろなニーズがあるのだと、改めて思います。今日ご紹介させていただくのは、Facebook経由でオーダーをいただきました2リットルのペットボトルケースについてでございます。

ご依頼くださったMM様は、スポーツクラブに通われておられるそうで、その際に大量に水分補給されるので、大きなペットボトルをそのままクラブに持って行かれるのだそうでございました。そのまま持って歩くのには抵抗があるし、少しは保温機能も欲しい、そこでハワイアンキルトでできた2リットルボトル対応のボトルケースが欲しいと思ったのだそうでございます。Yahoo!オークションや、ミンネ、テトテなどの手作りサイトやメルカリなどさんざん探されたとのことでございましたが、希望される「これ」を発見することは出来なかったと、わたくしのところにご連絡を頂いたのでございました。

確かに。確かにね~。2リットルペットボトルのケースね。……考えもしませんでした。

同時に大きめの水筒も持って行かれることもあるのだそうで、水筒用のケースも欲しいとのことでございました。もちろん、現状の日本ハワイアンキルト製作所のサイトには、MM様のご希望にマッチするパターンはございませんでしたし、このようなニーズがあるとは全く思っておりませんでしたので、ご希望のサイズやイメージはMessenger経由で、細々とご説明いただいたのでございました。
そこでわたくしは、MM様がお送りくださったご希望のイメージ写真合わせて3種ほどパターンをデザインし、製品の製作は、Mikana Hawaii StyleのNagao様にお願いしました。

一つ目は、Ukulele & Sandalです。お送りいただきましたイメージ写真の中に、ビーチサンダルらしきものがありましたので、それにウクレレと定番の花であるハイビスカスと、プルメリアを加え、ベースは汚れの目立たない色をと考えたものにしました。

二つ目はFish & Tiareです。これは、お送りいただいたイメージ写真とは全く無関係なわたくしからのご提案として作成したパターンです。Nagao様のお嬢様より、一番上の魚は、イルカのほうが良かったんじゃないの?とご指摘をいただくまで、これでいい!と思って描いたデザインでございますが、確かにイルカの方が良かったかも。と少し反省いたしました。

三つ目は、Flowersです。これが最もお送り頂いたイメージ写真に忠実に描いたデザインでございましたが、最終的に2点お買い上げいただいたものからはこれは漏れてしまいました。
デザインの仕事をしておりますと、こういうことはよくあります。依頼者のイメージに忠実に作成したデザインは、だいたい採用されません。そのことはよく分かっておりますので、別のイメージのものをご提案させていただくことこそ、わたくしの存在する理由なのかもしれないと思うのでもあります。
内側にはレジャーシートなどにも使われている保温シートを入れて、それなりの保温効果があるように、作っていただきました。
それにしてもあまりにコアなオーダーでございましたので、こんなパターンをデザインして他にニーズがあるのかどうかは大きな不安でございます。ちなみ価格につきましてはにデザインから作成しましたので、最初1点10,000円でご購入頂きたかったのですが、高い!(わたくしは決してそうは思っておりません!)なんて言われちゃって、今回は2点ご購入いただいたので、1点8,000円×2=16,000円でお取引させていただきました。すごくきれいにかわいく出来上がっているので、わたくしとしてはとても残念!でございます。
製品を製作してくださったNagao様、本当にありがとうございました。お忙しい中、3点も作っていただきましたこと、心より感謝させていただきます。

Mele Kalikimakaができました!その2

クリスマスキルトやっとできました。とお写真を2点お送りくださったのは、Mikana Hawaii StyleのNagao様でございます。以前は愛知県で、サークルの代表として活動されておられましたが、様々な事情で、現在は関東地方でいろいろとハワイアンキルトを通じて、フラやイベントなどで新たな活動をされておられます。

1枚目は、パターン通りに制作されました。「36cmの額に入れようと余白を大きくしたら中心がずれてしまった…。」とのコメントを寄せてくださいました。Nagao様は、ハワイアンキルトらしい明るくさわやかな色使いが上手だ思っておりますので、作品を拝見させていただくのをいつも楽しみに致しております。そういえば、日本ハワイアンキルト製作所第一号のベッドカバーサイズのタペストリーを仕上げてくださった方でもあります。そのころはまだ愛知県に居られたのですが、展示されるとのことで、わたくしは嬉しくて彼の地(愛知県)まで、作品を見に伺ったのでございました。今年も、彼女の作品を見に、仙台まで行きました。(このときに見たすごい作品は、いずれご紹介させていただきます。)アップリケで文字が細くなってしまわないように、ちゃんと縫い代を考慮した出来上がりにさすがだなあ、きれいだなあと、心より尊敬!

さらに素晴らしいことに、作品はもう1点ございまして、それがまた素晴らしい!「2枚目はホヌとプルメリアを追加して、モチーフてんこ盛りにしました。」とのコメントに、わたくしは、うんうんとうなずいておりました。へぼいと思っておりましたHonuも、この作品にきちんと参加させてもらっております。良かった~。と嬉しくなるような作品2点でございます。どうぞ、参考にしていただきますよう心よりお願い申し上げます。

Mele Kalikimakaのきっかけはこれ!

寒い雨が降っています。もう冬だなあと嬉しく思います。わたくしは冬生まれなので、この季節になると元気が出てきます。本日はK.A様よりお送りいただきました素敵なポーチをご紹介させていただくことにしました。K.A様の作品は、Geckoのティーコゼなどをご紹介させていただいておりますが、パターンをアレンジされて、いつも新鮮な作品をお作りになっておられるなあと感じます。

「ALOHA」と書かれたこのポーチはミニマルシェバッグの「Heart Lokelani」を元にしておられます。ハートの中に収まるように手描きされた文字がかわいらしくてお写真を拝見して「おお!なるほど!」と思ったのでございます。文字ね~。考えもしませんでした。
ポーチの内側は、最近パウスカートなどでトレンドになっている寒色系グラデーションをお使いになられていてトレンディー!(死語ですかね)。モチーフの色も冒険的な黒と寒色系の表情ある生地で制作されているので、バラなのに全体的にクールな感じでまとまっていてとても新鮮でございます。このお写真は、11月初旬に届いたもので、ご紹介が遅くなり申し訳ございませんでした。ですが、最近、またまたかわいらしいポーチのお写真が同じくK.A様より送られてまいりました。

「クラウン 5」をお使いくださいました。これもまた、色が美しく、工夫にあふれた素敵な作品です。パイピングがまたまたトレンドのグラデーションになっていて、クラウンぽくない色はK.A様の、自由な発想を感じます。

仕立て前の様子もお送りくださり、これで全体の様子がよくわかります。中袋もクラウンの柄をお使いになっていて、そうか、こうやってかわいさを演出するのね?と何も理解していないわたくしは、多くのことを教わりました。(昨日紹介したポーチは中を処理しておりません。ははは。)
K.A様は、文字をお使いになるのが得意です。実は、お送りくださったこの作品のお写真を拝見して「Mele Kalikimaka」を描こうと思い立ったのでございました。今まで文字を入れたパターンは全く用意しておりませんでしたし、以前から文字のパターンを…と言われていたことも思い出したのでございます。果たしてK.A様は「Mele Kalikimaka」ダウンロードしてくださったでしょうか?きっとK.A様なら素敵に作品を仕上げてくださるに違いないと信じております。
23日現在で、最もダウンロードされておりますのは、やっぱり「Mele Kalikimaka」でございまして、Christmas Honuは悲しい状況になっております。やっぱり「へぼーい!」ですわよね。

へぼーい!でも面白いか

Christmas Honuを作ってみました。

へぼーい!でも面白いか。ま、いいか。という感じでございます。サイドビューがさらにすごい!まるでワニだわ…。

それにしてもポーチって仕立てがけっこう大変です。久しぶりにバイアステープなんて作ってしまいました。皆様がきれいにポーチのお写真をお送りくださること、改めてありがたく思いました。

横向きのHonuは珍しいかもしれないので、見本としてお楽しみいただければと思います。それでも作ってみようかな?と思われる方、こちらから自由にダウンロードしていただけます。(出力に関するお問合せは受け付けておりません。)
疲れてしまいましたので、本日はこれまで。

クリスマスも…

Honuは多くの方がご購入いただいておりますパターンなので、いっそクリスマスでやってみようと試みたのがこんなやつです。

今年はこれら、クリスマス用のパターンも「無料ダウンロード」していただけるように準備しました。更新を怠っておりますわたくしのブログに、毎日のように多くの方がのぞきに来てくださっておりますこと、わたくしは知っております。また、本年はクリスマスのパターンを新たに描くことができませんでした。そのお詫びの印でもあります。
パターンとしてはポーチ用。でもなんでも良いのです。試しに途中まで作ってみましたが、サイドビューのHonuは、この色にするとワニっぽい?などという反省もございますが、クリスマス用のモチーフなので、緑にしたのが敗因なのかもしれません。でも、まあ、無料なので楽しんでいただければ幸いでございます。左図のようにドカーンとポーチの真ん中にレイアウトするのは、あまりおすすめできません。帽子をとった中の形までちゃんとパターンには描いてありますので、モチーフの配置変更は自由にできます。さらにもうひとつ。35×35cmのミニタペストリー用のパターン。

「Mele Kalikimaka」はハワイ語で「Merry Christmas」の意味です。文字以外は以前描いたモチーフを組み合わせたてクリスマス感を楽しんでいただけるようご用意したパターンです。こちらも「無料ダウンロード」できるよう準備を整えました。35×35cmなので、家庭用のプリンターでは出力が難しいかもしれませんが、作ってみようとお考えの方はこちらからダウンロードできます。(PDFファイルですのでAcrobat Readerは必要です。
花については何にしようかいろいろと考えたのですが、クリスマスカラーを持っているアンスリウムとハイビスカスに加えて、日本で人気のモンステラを組み合わせて、少し媚びたデザインになってしまったかもしれません。ほかのパターンを持っておられる方は、モチーフを変更されて、オリジナルデザインで楽しんでいただいても良いかもしれません。
お詫びの印に、どうぞお楽しみいただけること、心より願っております。また、このパターンを使ってキットを量産されても全く問題はございません。以後もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

戌のプレゼントパターン

またまたご無沙汰してしまいました。今回は、別件仕事の都合でございまして、何かが不愉快であったわけではございません。
まだ11月ですのに、お客様からは「作りやすい いぬ のパターンをよろしく!」というお声を複数いただきました。教室を主宰されておられる先生方は、見本とキットを作る時間が必要だということなので、クリスマスを飛ばして本日「Hallmark Dog」をどなたでもダウンロードしていただけるよう用意いたしました。

見本も制作しましたが、見本の方には「しっぽ」がありません。作り上げてみましたが、何かが足りない感じがして、しっぽを追加することにしたのでございます。
先日文具店で、来年度用ののお年玉袋が売られていて、Hallmark製の袋がとてもかわいく、これを元に毎年サイトから皆様に無料ダウンロードしていただけるプレゼント用のパターンを描くことにしたのでございます。袋にはしっぽはついておりませんでしたので、そのまま見本を作った結果がこの写真です。
わたくし自身は上手に作り上げることが難しいので、目はフェルト、眉毛はステッチで仕上げるというザマでございますが、みなさんならもっと素敵に仕上げてくださるのではないかと信じております。年明けまでのしばらくの間、ダウンロードできるようにしておきます。20×20cmのパターンですので、家庭用のプリンターで出力していただけるはずです。(PDFファイルですのでAcrobat Readerは必要です。)お試しいただけると嬉しいです。
以後もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

激動の2ヶ月間!!!!

6月7日から8月10日まで。激動の2ヶ月間でございました。この年齢にしてこの試練。まさかこんな目に遭うなんて夢にも思わず、あれよあれよと時間ばかりが過ぎてしまいました。ですがようやく通常の生活に戻れた喜びはひとしおでございます。ああ~良かった~。
もちろん何があったかなどと言うことはどうでも良いことなのですが、たまには外に出て「人」の中にあるということを学ぶことは大切であるし、この時間のなかで、教えられたことには感謝しなければいけないのかもしれないとは思います。それにしても、今回はどう考えても、わたくしに対して見えない力が働いた感があるのでございました。
世間でよくいう「ひどいめにあった」という奴なのかもしれませんが、そいうことは、関わると決めたわたくし自身にも半分の責任はあると思うので、今はもう苦笑でございます。なので、ときどき人が思ってしまう「相手が全面的に悪い。」などという、被害者意識は捨てるべきであると、今はすごく思うのでございます。

それでも今回は、こうしてすっきりとした気分で居られるのは、掃きだめに鶴というべき存在があったことでございました。毎回今までは、100%の「負け」というのが、わたくしのスタンダード状態でありましたが、今回は泥の中からを引きあげてくださる存在があったという部分で、気分は上々でございます。苦労の結果、お金もそれなりに稼げたというのも、少し今までと違うところでもあります。だから、至って元気でございます。

もちろんお客様からも、この期間多くのお叱りとご心配をいただきました。「どうなってんの!」とか「やめちゃうの?」とか色々…。一時期は、日本ハワイアンキルト製作所のサイトを閉じざるを得ないかもという危機感はありましたが、今はその気配が全てなくなりました。更新されないページに来てくださった皆様にも今は心より感謝させていただきたいと思います。とある方からは、更新できないならその旨を書きなさい!なんて愛のあるご意見をいただいたり致しました。ありがとうございます。

そして迫り来るハロウィンやクリスマスの新しいパターンが欲しい!との具体的なご意見もいただき、まず最初の復帰はハロウィンに決めました。目新しいところで、この「フクロウ」。35×35cmの小さめピローのパターンで、今年は展開しようと考えております。何か新しいモチーフを。と考えてセレクトしたパターンです。他ではなかなか見られないデザインなので、他の定番モチーフとともに、新たな一枚として制作していただけると嬉しいです。(近日公開させていただきます。)これなら間に合うかな?とも考えてのサイズなので、是非ともよろしくお願い申し上げます。
今回はどうも、申し訳ございませんでした!

そうそう、追記です。激動の結果は、きちんと形になりました。そっとこちらをご覧ください。

震災から6年経って…

東日本大震災が起きた頃、わたくしは、茅ヶ崎で教室を運営されておられる先生のところで、ハワイアンキルトに関するいろいろなことをお手伝いさせていただいておりました。その年の5月には、横浜でキルトの展覧会を開催しようとしていて、いろいろと準備している時期でもありました。多くの人が、その頃大変だった東北や福島の人たちのために何かできないか?と、優しい気持ちがいっぱいだったのに、ハワイアンキルトに関わる自分たちは、何の役にも立たず、せいぜいイベントを自粛しようかと思う程度のことしかできなくて(その教室の先生は予定通り展覧会は開催されましたが。)個人的には、自身のやっていることの役に立たなさや、社会性のなさを悔しく思ったのでございました。
自身の友人や親戚なども震災が襲った地域には一人も居らず、今も相変わらずなにも役に立たないまま、もうすぐ6年の月日が流れようとしております。あんなに大きな災害だったのに、生まれたときから首都圏で生きてきたわたくし自身は、あまりに人とのつきあいの範囲も狭く、無力であることを感じるしかなかったことも、最近忘れかけておりました。ハワイアンキルトに関しては、震災以後には、それなりに何度かの裏切りを経験し、でも、自身のやっていることはそれほど変わりなく、役に立たない仕事をし、人生にとってどうでも良いことに、多くの時間を使って生きてきております。お医者さんだったらとか、自衛隊員だったらとか、役所や消防署の職員だったらもうすこしましな時間を過ごせていたかもしれないなとは思うのですが、全部どれも、私自身は全く関係なく少額のお金を寄付することぐらいしかできなくて、自分が被災したら、とんでもないしっぺ返しを食らうんじゃないかしらとも思っておりました。
ところが、昨年の年末に、福島の復興支援をしているNPOの代表の方から、日本ハワイアンキルト製作所のサイトを通じてついに声がかかったのでございます。ひとつは、わたくしの個人的な仕事に関するものだったので、このブログとは無関係なものですが、もうひとつが、ハワイアンキルトに関するお問合せだったので心が華やぎました。これで、ハワイアンキルトで少しは役に立てる!なんてね。同時に代表者の方と会ってお話しているうちに、わたくしが日本ハワイアンキルト製作所のサイトを立ち上げた原点について、今一度、しっかりと再確認する機会も与えられたということでもありました。
ハワイアンキルトは、パターンの取り扱いに関する間違った情報が普通の常識として語られる傾向にあることから生まれる不具合を正す活動を目的としていることや、わたくし自身は、教室を運営するよりこれに関わる方々の自立を目指してきたこと。自身が、デザインをしたいがためにキットを売りたいとは全く思っていないことなどが、ご連絡いただいたNPOの方のニーズに合っているのではないか?と思えたことなどでございます。
お問合せの内容は、詳細がはっきりしてからお話することにはなりますが、教室や生徒を持たないわたくし自身は、これから先に、協力者が必要になることは確かでございます。現状、挙手してくださっておられる先生も複数居られます。ハワイアンキルトで、社会性のある活動をしたいと、どこかで願っておられる指導者の方や、作家の皆さまが居られましたらご一報頂けると嬉しいです。
この一件で、心が華やいだわたくしは、早速準備を始めたのでございますが、本日公開した20×20cmのミニタペストリー用のパターンがその一環でございます。いままであった、ミニタペストリーや体験用キット製作向けのパターンを一新し、全く新しいデザインにしよう!と考えて揃えたラインナップは、この活動を頭に入れて描いたものです。パターンの構成としては、初心者の方向けのもので、今までサイトで売れたパターンの傾向に沿ってラインナップを揃えました。なので、活動に関係なく、新たに教室をオープンされる指導者の方や、体験を予定されておられる方やイベント主催者の方にもお使いいただけます。
中に、欅や、ヒバリ、桜やサケなどが入っているのは、お話を頂いた南相馬市にちなんだものなので、不思議に思わないで頂きたいのでございます。セットの中には、新たに季節もののデザインを買い足していただく必要のないようにクリスマスやハロウィンなどデザインも織り交ぜましたので、ご覧頂ければと思います。個別でご購入頂く際には1点200円で、全40パターンの内、20パターンをひとまとめにしたゼット販売でご購入頂くと1点150円という超お買い得価格でご提供させていただくことにしましたので、こちらもご覧になってください。 カットしやすく、ハワイアンキルトを知らない方のイメージを外さないようにも配慮したつもりでございます。